アネモネの寄せ植えを計画的に楽しむためのカラー特集。

anemone-top

アネモネの球根は期間限定


アネモネの球根がそろそろ出始めますね。

お花が咲くのは早春。チューリップよりも前に咲きます。
春だなぁと感じるお花のひとつでもあります。

可愛いなぁと思って、咲いているアネモネを買おうとしても出回る時期は短い。
それに種類も圧倒的に少ないんですよね。

秋のうちにお気に入りの球根を植えて、芽が出るのを待つ方が断然良いんです。
ただもうそんなことは、お花好きな方は承知済み。
あれこれ迷っているとあっという間に完売です。
(んー・・・のんびりしてるのは私だけかもしれないけど)


そこで、カラー別にこんなアネモネがありますとご紹介する事にしました。
ご紹介しておきながら、売り切れてしまったらごめんなさい。

寄せ植えのカラー計画に、画像だけでもお役に立てたら嬉しいです。

memo

  • ポルト:デカン咲きの矮性品種。1球から10本以上の花が次々と上がってくる
  • デカン咲き:小輪咲きのかわいらしい品種
  • 菊咲き:菊のように沢山の花弁をつける
  • 原種:地中海沿岸に自生するアネモネの原種

白系

ブルー系


原種・4球

ピンク・赤系

ミックス・混合


寄せ植えのアイディア

アネモネを植えてから咲いてくれるまでに時間があります。
芽を出した時に馴染んでくれる植物を植えておくと自然な寄せ植えになりますよね。
ヒントになる組合せの例をご紹介しますね。

ブルー系アネモネの寄せ植え

有名な黒田園芸さんの寄せ植え画像です。

素敵ですよねぇ~・・・
まるで随分前からそこにある雰囲気。

kuroda-bluekuroda-blue2
出典:http://ameblo.jp/flora-kurodaengei/

どちらも同系色の花をうまく組み合わせてグラデーションしています。
ちゃんと、どんなイメージにするか考えてらっしゃいます。
左は箱庭風。右は風吹く丘風。

アネモネは株元で葉が茂るので低い花を沢山植えても埋もれてしまいます。
低い背丈の花はほんの少しか、手前に。


ここで個人的に一番注目すべきは・・・
右側の、風吹く丘風の寄せ植えの手間に植えてある「コクリュウ」。
黒を手間に持ってくるなんて大胆。
でも、これが全体を引き締めてるように思います。

アネモネの葉はふっくらしているので細い葉を混ぜると引き立ちますね。
コクリュウは冬も夏も枯れない丈夫な下草です。

オオバジャノヒゲ:黒竜(こくりゅう) 3〜3.5号ポット2株セット


そしてこんな斑入りのベアグラスも見え隠れ。
動きが出ますよね。


ベアグラス3号ポット2株セット


下草は美しいお花を引き立ててくれる大事な名脇役。
細長い、細かい、明るい、艶がある・・・
色々な葉の形を生かして景色を作れたらいいですね。



おためし4種12株セット:寄せ植えの下草類B

球根を植えたら目印を忘れずに。

バーゴン&ボールの木製ラベルです。薄くて使いやすく小さな鉢に差しても邪魔になりません。

まとめ

アネモネは色々なカラーがあって迷ってしまいます。

でもすぐにはお花が見えないから・・・
アネモネの色を想像して、引き立てる下草やお花をうまく組み合わる。
そんな事をちょっとだけ考えたら素敵な景色を作れるかも。

そう言う私もいいなと思ったら細かい事を考えずに買っちゃいますけどね。

そうそう。
アネモネの球根はすぐに植えずに、湿ったタオルの上などに置いて湿らせてからですよ。
それから植える時にどっちが上か分からないときは横にすればOK。


今回ご紹介した苗はすべて園芸ネット プラスさんでご覧になれます。

まだご紹介していないアネモネや球根などが沢山揃っています。
丁寧な説明がわかりやすいお店ですよ。
こちらへどうぞ。

読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

facebook
この記事をお届けした
Grimo[ぐりも]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る