主役級のパンジー「ムーランフリルルージュ」で冬の寄せ植えを華やかに

出展:園芸ネットプラス|イタリア貴族のすみれムーラン

表情豊かなパンジー「ムーランフリルルージュ」

パンジーは何年も育てているので、お休みしたいと思ってました。そう思っていた矢先に「ムーランフリルルージュ」というパンジーに出会いましたよ。その花びらの美しいこと。まさに凛とした貴婦人のようなのです。

ムーランフリルルージュパンジー

私はこのムーランフリルルージュとカラーリーフを小さな籠に入れ、お花好きの方に贈ったところ大変喜ばれました。身近なパンジーの美しさに改めて出会えて嬉しいとおっしゃっていましたよ。

イタリア生まれのキメラ咲きパンジー


出展:園芸ネットプラス|イタリア貴族のすみれムーラン

なぜこんなに惹かれるのだろうかと調べたところ、花びらの表と裏が違うのです。それで微妙で繊細な濃淡が表現されているわけですね。フリルがやさしくゴージャス。イタリアの老舗の種子会社が育種と知り納得です。

「キメラ咲き」といって、1つの株から色んな色や形が出るそうですよ。だから1つ1つ別の顔で毎日違う表情を見せてくれます。切り花にして花瓶に挿しても綺麗ですね。


出展:園芸ネットプラス|イタリア貴族のすみれムーラン

同じ青系統でも濃淡が美しいですよね。詳しく紹介しているサイトがありましたので以下にご紹介。育種した社長のこだわりや特徴など、とても分かりやすいです。

園芸ネットプラスさんの特設ページ「イタリア貴族のすみれムーラン」へどうぞ。(画像の一部を抜粋させていただきました。)

出展:園芸ネット|イタリア貴族のすみれムーラン

期間限定の苗です


ゲキハナ|産地直送ムーランフリルパンジー

季節ものなので期間限定販売の苗です。お花屋さんで見つけたらラッキー。育て方は通常のパンジーと同じです。草丈は環境によって変わりますが、育っても40~50センチくらいまでのようですね。私が育てた時は30センチ程度でした。

花期は11月から5月位まで。次々に咲いてくれます。よく日に当てて、お花が咲いているときは肥料を。枯れた花柄をこまめに摘み、冬は霜に当たらないよう注意しましょう。

ゴージャスになる過程を楽しむ?最初からゴージャスを求める?

美しいパンジー画像に惹かれてしまいますが、ちょっと注意として、ポット苗はまだ1輪程度しか咲いていない事が多いです。
▼ポット苗状態
すぐに華やかさが欲しくても時間が必要になります。何株か寄せ植えて育った状態があればラッキーですけれど。だんだんとゴージャスになっていく過程を楽しむのか、最初からゴージャスさを求めるか。どちらも良い選択ですね。育て方はお好みです。

イタリアの老舗種会社育種のパンジー「ムーランフリルルージュ」をご紹介しました。苗の色は様々ですよ。お気に入りが見つかりますように。

関連記事

冬の寄せ植えにおすすめ!寒さに強い下草5種類

黒いカップ咲き葉牡丹「ブラックルシアン」の寄せ植えアイディア

一年草の育て方は?春と秋のタネまき方法・保存・植え方のコツ

スポンサーリンク

この記事をシェアする

おすすめ記事

トップへ戻る