ガーデニング手袋は機能的で可愛く使いたい!用途別おすすめ3タイプ


園芸ネットプラス|ルミナス・ガーデニンググローブ

用途に合わせて使い分ける3種類の手袋

土や苗を使うには本当は素手が良いですが、色々と困る事がありますよね。軍手タイプだと小さな苗は扱えない。布製だと手肌がドロドロになるし、使い捨てビニール手袋は穴が空いて爪に土が入ってしまいます。

そこで用途に合わせて3種類用意しておくと便利ですよ。組み合わせ技もあります。用途ごとにご紹介していきます。

ルミナスシリーズ:日常作業に。土の混ぜこみ、鉢の移動、掃除の時に。

ルミナス・ガーデニンググローブ

お天気の日に使う女性向きのデイリー手袋。手のひらの滑り止めが厚すぎず使いやすいです。軍手や運送用ゴム手袋よりも細かい作業が出来ます。手の甲がメッシュ状になっていて通気性も良いですよ。

▼素材アップ
globe-sozai

ルミナス・ガーデニンググローブ

カラーは3種類。ローズのピンクも可愛いけど、ブルーも落ち着いてて素敵です。可愛い柄はなかなか見かけないので、植物好きのお仲間にプレゼントにしても喜ばれると思います。はめ心地とフィット感が良いです。

手術用手袋:苗の植え替え、細かい葉や根を触る時に。

▶手術用手袋

手術用手袋。これがとにかく良いのです!1度使ったら使い捨てビニール手袋には戻れません。指にフィットするので、特に夏場など最初は慣れないかもしれません。でも、それくらいフィットしていた方が細かい根や葉を丁寧に扱えます。

お値段は色々なので、ホームセンターで販売している薄手のもので十分。丈夫なので数回は使えますよ。寒い冬は、手術用手袋の上に布製手袋を重ねて使うと寒さ知らず。風が吹いても平気です。冷たい泥やお水が手に入る事はありませんよ。

ウェストカウンティーローズ:バラの誘引、夏場のガッツリ系作業、表面が荒い木材やレンガを使う時に。


▶ウェストカウンティーローズ

このグローブの良いところは、手首で軽く絞ってあるのでスナップを効かせやすいところ。暑い夏場でも半袖でトゲがあるバラを扱えます。

高級な革製品は手に合わないとモタついてしまう事がありますが、こちらは合成皮革素材なので柔らかくて軽いので扱いやすいです。レンガや砂利などで皮膚を切ってしまう事も避けられます。汚れたらジャブジャブと洗えますよ。

同じウェストカウンティーシリーズで手首まで無いものがありますが、この「ウェストカウンティーローズ」はたっぷり長さがあります。バラのお手入れ用に作られたもので好評ですよ。色も数種類あります。

▶ウェストカウンティーローズ・みんなのレビュー

まとめ

オールシーズン快適にガーデニングをするための手袋をご紹介しました。それぞれの特徴を生かして使うことで、手を保護しながら楽しく作業できます。お気に入りのカラーや素材をどうぞ。


ルミナス・ガーデニンググローブ


▶手術用手袋

▶ウェストカウンティーローズ

スポンサーリンク

この記事をシェアする

おすすめ記事

トップへ戻る