球根を植えた場所を忘れない!植物に馴染む英国木製プランツラベル

label-top
バーゴン&ボール 木製ラベル (特大)

球根をどこに植えたか忘れて、掘り返してしまった事はありませんか。タネの場所も自信が無かったり、苗のタグをそのまま差しておいたら風で飛んでいたり。そんなうっかりを防いでくれるお洒落なラベルがありますよ。

バーゴン&ボール 木製ラベル

植物の名前を表記しておくプランツラベルは、素材や大きさ、形は色々です。アルミにボールペンで凹凸をつける、プラスチックに鉛筆で書く、板や石版にチョークで書く・・・。

それぞれ良さがありますが個人的には木製が好きです。やはり自然素材は植物に馴染みますよね。そこで今回は英国老舗メーカー、バーゴン&ボール木製ラベルのご紹介です。

▶バーゴン&ボール木製ラベル

バーゴン&ボールはイギリスのガーデンツール老舗ブランドです。木製ラベルのサイズは3種類。いちばん活躍する苗用はたっぷり50本入り(上画像)。スリムなので場所を気にせずに使えますよ。

木製ラベルは見た目にも、手で触れても温かみがあります。しっかり挿せば風が吹いても動きません。欠点としては自然素材がゆえにプラスチックラベルよりも消耗しやすい事でしょうか。そうは言ってもベランダなどの鉢で使う分には、地面に挿して使うよりは耐久性があります。風化していく過程も「味」として楽しむのが良いと思いますよ。

球根や種の居場所、苗の名前がすぐわかる


ガーデンライフ彩|バーゴン&ボール木製ラベル(苗用)

苗用ラベルは小鉢に差しても邪魔になりません。裏側には植えた日付を書いても良いですね。成長具合が分かってより愛しくなりそうです。

▼苗用ラベルの大きさ

苗購入時のタグは土に挿す?ファイルする?

苗を購入したときに添付されているカラフルなタグ、どうしていますか?簡単な育て方や名前などが載っているのでとりあえず挿しておこう・・・なんて事ありませんか。便利なようですが土が跳ねて汚れてしまったり、飛ばされたり。挿した事すら忘れてしまいます。一緒に置いていても植物には馴染まないように思うのです。

もし保存したい場合は、透明ファイルに入れておくと便利ですよ。

label-file
出典:http://blog.goo.ne.jp/

面倒な方はお菓子の缶などに仕切りを入れて分類別に。今はネットで簡単に調べられるので、ある程度分かったらタグは不要かもしれません。

まとめ

たった1枚、ラベルに名前や植えた日等を書いて挿しておくだけで、うっかりミスを防ぐことが出来ます。球根を掘ってしまったり、名前を忘れてしまうこともなく成長を楽しめますね。せっかくならば、植物の優しい雰囲気を壊さない木製ラベルがおすすめです。

サイズは、苗用・大・特大の3種類。ぜひチェックなさってくださいね。手で持てるくらいの鉢ならば幅1センチの苗用で十分かと思います。苗用は50本入りなので気兼ねなく使えます。

  • 苗用:L14×W1cm
  • 大:L20×W2.5cm
  • 特大: L30×W3.5cm

▶バーゴン&ボール木製ラベルいろいろ

関連記事

球根の育て方は?春と秋の植え方や肥料・鉢植えの深さはどのくらい?

スポンサーリンク

この記事をシェアする

おすすめ記事

トップへ戻る