古い土を簡単に再利用。有機栄養分たっぷり肥料入りの再生材。

green-refresh

再生材を足して土を長く使おう

土って不思議な事に減っていくんですよね。

植物が栄養を吸収して、土と土の空気もだんだん減ってくる。
だからカサが減ってきたり固くなったり。


とはいえ・・・
大きな鉢に植えている植物を植え替えるのは大変。
再生材ってどうなのよ!?気休めなんじゃないの!?

そう思っていました。
でもそれは食わず嫌いと同じで知らないだけでした。

ゴールデン粒状シリーズの土の再生材


古くなった土の再生材 10L・20L 【ゴールデン粒状培養土配合】

少し混ぜ込んでもいいし、この用土をちょっと乗せるだけでもいい。
簡単に使えて経済的な再生材です。

上にのせるだけで栄養がしみ込む

粒状培養土がたっぷり入ってるんです。

緩効性肥料も入っているので水やりのたびに、じわーっと栄養がしみ込みます。
ゴールデン粒状培養土に含まれている有機栄養分の約10倍を配合。


土の上に約1cm蒔くだけでも効果を発揮します。

混ぜ込むといつのまにか土がふんわり。
種を撒いてもちゃんと芽が出るし、葉っぱの艶も良くなりますよ。


リピーターの方もかなり多いです。
『古くなった土の再生材 10L・20L 【ゴールデン粒状培養土配合】』の おすすめレビュー

そもそも、ゴールデン粒状培養土が何なのかちょっとお話ししておきますね。

ゴールデン粒状培養土とは





植物がのびのびと育つと評判の培養土です。

根ハリ、栄養、保水、どれも理想的。個人的には加熱処理も嬉しいです。
雑菌は繁殖するのでやっかいですからね。

私は素手で植える方が好きなので爪に入りにくいのも嬉しいです。


主な特徴は・・・

・根に理想的な団粒構造。
・「加熱処理済み」で雑菌なし
・保水性が良いので水が滲みこむ
・中国の大地で約1万年かけて堆肥化した「天然有機物」を使用
・土がつぶ状なので爪の間に入りにくい

<ゴールデン粒状培養土>


<普通の培養土>


植え替え時の手の様子
左:ゴールデン粒状培養土 右:普通の培養土
hand


まとめ

ちょっと再生材を足すだけで、植物が元気に育ってくれるなら嬉しいですよね。
足してもダメなら細菌が繁殖しているか虫が潜んでいるか・・・
他の原因があるかもしれません。

まずは今の土を捨ててしまう前に再生材を試してみるのも良いと思いますよ。


土の再利用をお勧めする理由は・・・

①あたらしい土を買うより経済的
②栄養分入りで出来栄え本格的
③今ある資源活用で環境保護



古くなった土の再生材 10L・20L 【ゴールデン粒状培養土配合】


ゴールデン粒状培養土

植物は土を食べると言いますけど、ほんとにそう思います。
美味しい土を食べさせてあげたいですね。

読んでくださってありがとうございました。


http://grimo-with.com/planter-carry/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

facebook
この記事をお届けした
Grimo[ぐりも]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る