水を含ませるだけ!種まき・挿し木がすぐ出来る手軽なポット。

dahlias

発芽したらそのまま植えられる土ポット

伸びた枝を切ったとき、すぐに挿し木出来たらいいですよね。
種をまこうかなと思ったときもそう。
植え終わってから、あ!あれもだった~って思いだしたり。

しかも発芽用の土って細かい。
お部屋ですると舞い散っちゃうんですよね。

そんな時、サッと使えるポットがあると便利。
無菌で清潔、保水性、通気性ばっちりな土ポットがありますよ。
お水を含ませて植えるだけ。
お部屋で使えます。

すぐ出来るって助かりますね。

ジフィーセブン土ポット

sakata-top出典:サカタのタネ

ヨーロッパ産の良質ピートモスを使った種まき用土です。
自然素材である水ゴケピートを主原料にして乾燥・圧縮した培養土。
サカタのタネさんのオリジナル。

幅広い層の園芸家から支持されているポットですよ。

だから・・・箱単位もあります。

サイズは直径が30mmと42mmの2種類。挿し木床としても使えます。
最初は薄くてペタンコです。

42mmだとこんな感じ。
jifi-hand

30分くらいかけてじっくり吸水させます。
5センチほどの高さに膨らむようになっています。

袋に入っているように見えますが特殊なネットです。

土がこぼれにくいので管理が楽です~。
根が出るとこんな感じになりますよ。

sebun-ne
出典:http://www.asahi-net.or.jp/

このネットを付けたまま植えられます。
だから根に負担が少ない。移植をきらう植物にも良いですね。


生育初期肥料入りでpH調整済です。

このpHというのは、酸性かアルカリ性かという意味。
よくブルーベリーは酸性が良いからピートモスを足しましょうなどと聞きますよね。
種が成長しやすいpHにするのは自分じゃ難しい事なので嬉しい要素だなぁと思います。


1つ気になる点としては、カビっぽいものが生えて困るという声を聞きます。
どうやらお水が多すぎるとカビっぽくなる傾向に。
最初はお水を含ませるので沢山お水を使いますが湿ってる状態にするのがベスト。
菌類の一種で品質には影響ないそうです。

ジフィーハンディーガーデン(種まきミニ温室)

保温と保湿が発芽の条件。
加減が難しいんですよね。

そんな時は、こんなセットが便利。
ジフィーセブン土ポットと保温・保湿に効果がある栽培トレー&ドームのセットです。
トレー&ドームは繰り返し使えますよ。
次はジフィーセブン土ポットだけを用意すればOK。

ただ・・・1つの土ポットに1つの種じゃ困る!って場合がありますよね。
パンジーみたいに小さい種を沢山育てたい場合。


そんな時は板状の苗床を使うと効率的です。

ジフィーピートバン

最高級のピートモスを板状に圧縮したものです。
1枚で約100本の苗が育てられます。
はじめは画像左側のように乾燥していますが、吸水させると約3センチの高さにふくらみます。

芽がでてきたら、元気な芽を残して間引くとよく育ちますよ。

まとめ

吸水させるだけですぐに苗床ができてしまう優れもの。
お気に入りの苗を増やすのも良いし、種から育てるのもいいですね。



ジフィーセブン土ポット30mm48個入り

ジフィーセブン土ポット42mm48個入り



ジフィーハンディーガーデン5個セット(種まきミニ温室)


ジフィーピートバン5枚セット


ジフィーシリーズは他にもいろいろあります。
園芸ネット プラスさんで詳細をご覧になれます。
中粒の種におすすめなポットもありますよ。




苗が元気に育ちますように。

読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

facebook
この記事をお届けした
Grimo[ぐりも]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る