春いちばんに咲く秋植え球根。背丈が低い4種類。

spring-flower

早春に咲く秋植え球根

秋植え球根が沢山出回るようになりましたね。球根といえば王道はチューリップですが咲くのは4月くらいから。それよりも前に咲いてくれる球根もあります。いち早く春を知らせてくれる可愛い存在です。

今回はまだ寒い2月頃から咲いてくれる秋植え球根を4つご紹介。どれも背丈が低くて丈夫です。鉢植えで育てられるのでベランダガーデニングにぴったりですよ。

クロッカス ルビージャイアント


▶クロッカス・ルビージャイアント

上向きに咲く原種系品種です。弁先が丸まったかわいいお花。
ヨーロッパでは春を告げる花として親しまれています。

開花:2月~5月
草丈:5~10センチ

ミニ水仙いろいろ

▶ミニ水仙いろいろ

小さな水仙は色々な種類が出ていますね。上画像の左側はサンデスク。コロンとしていて愛らしいですよね。大好きです。ミニ水仙といえば、テタテタ(テタテート)が有名でしょうか。フランス語で「ひそひそ話し」という意味だそうですよ。

開花:3月~4月
草丈:15~25センチ

エランティス シリシカ

sirika
出典:http://garden0220.ocnk.net/

▶エランティス・シリシカ

上向きに元気な黄色で咲いてくれるお花です。キバナセツブンソウとも呼びますよ。
エランティスという名前はギリシャ語で「春の花」という意味。
キンポウゲ科なので姿がアネモネに似ていますね。

開花:2月~3月
草丈:10~20センチ

スノードロップ


▶スノードロップ・エルウィシー

待雪草(マツユキソウ)とも呼ばれています。
うつむくように咲く白いお花が愛らしくて、とても人気がありますね。

開花:2月~3月
草丈:10~20センチ

育て方のコツ

早春球根の代表選手、ミニ水仙の分かりやすい植え方の図がありますよ。以下にご紹介しますね。

出展:渋谷園芸植木鉢屋|水仙・秋植え球根

水やり

球根は水やりの判断が難しいですよね。基本的に「乾いたらたっぷり」あげます。毎日あげてしまうと腐ってしまいます。特に夏は休眠期なので水やりは控えめに。お花が咲いたら、葉や花にお水がかからないよう「株元めがけて」あげましょう。

お花が終わったら

お花が咲き終わって、葉が枯れても取らないことが大事です。葉から養分を吸収して球根が充実します。このときに肥料をあげましょう(あげすぎには注意)。その後によく乾燥させて雨ざらしにならない日陰へ。

あまり咲かないと感じた場合は株の増えすぎかもしれません。葉が枯れた後に彫り上げます。

ガーデニングQ&A

ガーデニングの疑問はこちらが便利。
専門家が回答しているコーナーです。アイリスオーヤマのガーデニングQ&Aへどうぞ。


▶ガーデニングQ&A球根についてはこちら

便利なミックス球根

テタテタ(テタテート)とムスカリのミックス

水仙テタテタとムスカリは、ほぼ同じ高さ・開花時期です。2種の相性が抜群の組み合わせのミックス。黄と青は補色の組み合わせ。一緒に植えるとお互いが引き立ちますよ。


球根/コンビ球根:水仙テタテタ(テタテート)とムスカリ16球

まとめ

記事内でご紹介した球根はどれも背丈が低く管理が簡単です。小さな可愛らしいお花でおすすめ。秋に球根を植えて、自然が教えてくれる春を待ちましょう。ご紹介した4種類の球根は、以下で在庫チェックできます。

 早春に咲く背丈の低い球根 

▶クロッカス・ルビージャイアント

▶ミニ水仙いろいろ

▶エランティス・シリシカ

▶スノードロップ・エルウィシー

背丈にあまりこだわらないのならば、色々混ぜて植えるのも楽しいですよ。

▶春に早咲きする球根はこちらへ。

球根の場所を忘れずに。

https://grimo-with.com/plantslabel/

スポンサーリンク

この記事をシェアする

おすすめ記事

トップへ戻る