肥料の三要素の働きとは?「窒素・リン酸・カリ」比率の簡単な覚え方

肥料・活性剤
この記事は約4分で読めます。

植物を元気にしたくて「肥料」を選ぶ時がありますね。パッケージには、さりげなく「3要素の比率」が書いてありますが、実はとても意味のある数字です。

3要素比率は「私バカね」で覚える

例えば、以下のようなハイポネックス肥料は良く見かけますね。


このパッケージには「チッソ6.5、リンサン6、カリウム19」とあります。

これらは3要素といって効果は以下の通り。

 

3hiryophoto by アイリス家庭菜園ドットコム

 

3要素効果を大雑把に言うならば、こうなります。

  • チッ素・・・「葉(ば)」
  • リン酸・・・「花・果(か)」
  • カリウム・・・「根(ね)」

ですからこの歌で覚えるのがぴったり。私馬鹿よね~お馬鹿さんよね~♪。細川たかしさんの歌です。世代的にご存知ない方もいらっしゃるでしょうか。

上の画像のハイポネックスの場合では

  • チッ素「葉(ば)」6.5
  • リン酸「花・果(か)」6
  • カリウム「根(ね)」19

となります。

数字を見ると、根っこの比率が多い事が分かります。時々3要素の後ろに「中要素」が追加されているものもありますよ。先ほどの3要素にカルシウムとマグネシウムを加えて「肥料の5要素」と呼ぶことが多いです。

 

例えば、以下はお馴染み「マグァンプK」。苗を植える時、植え替える時、元肥に便利で、大粒・中粒・小粒とあります。

このパッケージには「チッソ6、リンサン40、カリウム6、マグネシウム15」とあります。この場合は

  • チッ素:「葉(ば)」6
  • リン酸:「花・果(か)」40
  • カリウム:「根(ね)」6
  • マグネシウム:「リン酸の吸収を助ける」15

花や実をつける植物に対して効果が高い肥料といえます。

という事は比率が高い数字が入っていれば、かなり効果ありそう!と思いますよね。ところが、そうとも言えないのです。

植物が求める比率をあげよう

例えば、チッ素「葉(ば)」は植物細胞のタンパク質を構成する葉緑素を高めます。過剰にこの要素を強化すると葉ばかり茂ってしまう。カルシウム不足で弱ってしまいます。

その植物に合った効果の比率が大事なんですね。果樹で実をつけたいのに、チッ素「葉(ば)」の比率を高くしても効果は期待できないわけです。

 

ここでもう1つ注目すべきことは3大要素の合計。

3要素が30%を超える場合はちょっと注意ですよ。「高度化学肥料」と呼びますが、効き目が早いので、追肥したり野菜の栽培に向いています。

また、3要素合計が15%以上30%未満を「普通化学肥料」と呼びます。こちらは室内の観葉などにも向いています。

 

例えば、日陰や日当たりの悪い室内によく使われる「ペンタガーデンPRO」を見てみましょう。

 

比率は、チッ素6・リン酸10・カリウム4。

三要素の合計が30%を超えていません。全体的にバランスが良い配合になっています。この肥料は、ALA(5-アミノレブリン酸)といって光合成を高める成分が入っている点からも室内用としておすすめです。

ちなみに比率の数字ですが・・・
例えばチッ素6と書いてあったら100g中にチッ素が6g含まれているという意味ですよ。

まとめ

3要素だけでも分かると肥料を選びやすくなります。

肥料はご紹介した「化学肥料」の他に、油かすや牛糞などの自然原料で作られている「有機肥料」があります。室内やベランダで使うのならば「化学肥料」の方が手軽で比率も分かりやすいですよ。

比率は植物が欲しがっている肥料を与える目安になります。
覚え方は、私「ばかね(N葉・P花果・K根)」ですよ。

 

私馬鹿よね~の歌は細川たかしさんの「心のこり」です。デビューシングルなんですって。デビューから素晴らしい歌声なのですね。


芸道40年記念 細川たかし全集 心のこり〜艶歌船

 

楽しく歌いながら肥料をあげて、植物が元気に育つといいですね。

関連記事

液体肥料は使い分けで効果発揮!日陰の植物や寄せ植えにおすすめ。

液肥の作り方は簡単!メモリ付き水差しで正しい希釈。

観葉植物には葉水を。心地良い霧と肥料・活性剤の使い方

タイトルとURLをコピーしました