ジャスミン・ホワイトプリンセスをベランダで育てるための剪定と置き方

ジャスミン・ホワイトプリンセス

「ジャスミン・ホワイトプリンセス」は、ツルが旺盛に伸びるイメージがありませんか?ベランダの鉢植えなどで育つ植物でしょうか。管理が大変なイメージがありますが、案外そうでもないのです。

よく似たお花で「ハゴロモ・ジャスミン」がありますが、お花の大きさやツルの伸び方が違います(後述あり)。

それでは以下に、ハゴロモジャスミンとの違い、剪定方法や管理、トレリスなどについてご紹介。

ガーデニングショップ店頭の鉢植えで香る白い花

実はガーデニングショップに勤務していた時、お店のドア付近に「ジャスミン・ホワイトプリンセス」をメインに寄せ植えした大鉢を置いていました。手で抱えられないくらい大きな鉢です。

植え込み方は・・・壁側にホワイトプリンセス、手前は季節の1年草です。ホワイトプリンセスだけはずっと植えたままで、時々切り戻しているだけだったのです。夏も冬もそのままなんですよ(積雪がほとんどない関東です)。

すぐにコンパクトに仕立てるコツや剪定などをご覧になりたい方はこちらへどうぞ。
(ページ内ジャンプします)

鉢植えでも育てやすいツル植物

ガーデニングショックの店長は、なぜホワイトプリンセスを選んだのでしょうか。香りと姿が素敵ですがそれだけではありません。鉢でも育てやすい特徴があるからです。

主な特徴

・半常緑。温かい地域では葉をつけたまま育つ。
・-5℃位まで耐寒性がある。花付きは悪くなるが半日陰でも育つ
・暑さと蒸れに強い
・「ジャスミン」と名の付く植物の中では最も開花時期の長い
・温度があれば季節を問わず開花する
・つる性だが、自力で巻き付かないから自由に誘引できる
・病害虫にはとても強い

なるほど確かに育てやすい!という感じですね。
半常緑・耐寒性あり・蒸れに強い・四季咲き・病害虫強し。
ベランダガーデニング向きの要素がいっぱい。

個人的に1番良いと思ったのは、自力でツルを巻きつけられないところ。巻き付いてほしくない場所に育ってしまうとほぐすのが大変ですよね。剪定する時も楽です。

気品あふれる姿と香り

いちばんの魅力はあの香りと姿。例えるならクチナシやストック、スイトピーのような甘い香りです。姿は大人の女性のような落ち着いた雰囲気。「ホワイトプリンセス」という名前がぴったりの植物です。

ちなみに、ハゴロモジャスミンと比較するとこんな感じですよ。

<ハゴロモジャスミン>


<ホワイトプリンセス>

ハゴロモジャスミンよりお花は大きめ。枝の先端に蕾がわんさかと密集して付きません。その分、長く咲いてくれます

比較すると葉の形や枝の様子も違いますね。

コンパクトに仕立てるには

春に枝から芽が出たら、低いところで仕立て直すのがコツ。夏から秋は花が終わったら脇芽の上で切り戻しです。

産直花だん屋さんのジャスミンホワイトプリンセスで分かりやすい管理レポートがありましたので、画像をお借りしてご紹介。

仕立て直し方

<3月に新芽が出たところ>

jasmin-1

付け根に赤くて小さな芽が出てますね。
新芽の上で剪定です。他の枝も新芽を確認して同じように剪定。

jasmin-2

<5月には新しい芽が伸び始める>

jasmin-3

<6月頃から開花スタート>

jasmin-4

他にも、水やりの加減や肥料のタイミングなども紹介されています。
ご覧になりたい方は、産直花だん屋さんのジャスミンホワイトプリンセスへどうぞ。

花を楽しむための剪定

6月位からどんどん花が咲き、枝の先に花がつくのが特徴です。そのため、そのまま放置すると花が少なくなってしまいます。咲き終わったら脇芽の出ている節の上でカット。

脇芽をチェックして切るのがポイントです。脇芽が伸びてまたその先に花を咲かせます。剪定していると、全然花が付かない勢いのある枝も出てきます。そういう枝は思い切って1,2節残してバッサリ切ります。

お花を咲かせるエネルギーを集中させましょう。

よく切れるハサミで切り戻し

ここでちょっと補足を。枝は成長すると硬くなってきます。よく切れるハサミでスパッと剪定しましょう。

どの植物にも共通して言える事ですが、切れないハサミで剪定すると、枝の組織が壊れて菌が入りやすくなります。また、雨が降ると切口に雨水が溜まって痛みやすくなります。

私が花屋に勤務していた時に愛用していたのは「坂源 ハンドクリエーション」。フッ素樹脂加工タイプで錆びにくく、グリップが大きくて軽い!草花・ツルの切り戻しや剪定におすすめ。見た目も可愛いくて大好きなハサミです。

ベランダでツルものを育てるアイテム

ベランダの鉢でツルものを扱う時、どんなトレリス、又はネットをお使いですか?

鉢に挿すタイプだと、風で倒れたり鉢の大きさやデザインを限定してしまう事がありますよね。ツルものを育てていない時には、収納に困る事もあります。

お店では他の樹木の剪定で出た丈夫な枝を数本組んで挿し、トレリス変わりに使っていました。大鉢だったので枝を挿せましたが、ベランダの鉢では少々厳しい使い方です。

そんなとき、コンクリートの床で壁に立てて自立させるタイプを利用するのも手です。ツルものを使わない時でも、軽い鉢ならばハンギング出来て便利。これなら四角い鉢でも丸い鉢でもOK。鉢の形を選びません。収納をする必要もありません。

▼トカイッコ:スタンドとパネルの組み合わせ

Sponsored Link

この記事をシェアする

おすすめ記事

Sponsored Link
トップへ戻る