キンギョソウのブロンズ色の葉。寄せ植えで奥行きを作ってくれます。

kingyo-red1出典:サカタのタネ園芸通信


シックな寄せ植えを作るとき便利なカラーリーフがあります。
落ち着いたブロンズ色の葉を持つキンギョソウ。

寄せ植えで奥行きを出したい時に使うと素敵なんです~。

ブロンズ色の葉が美しいキンギョソウ

赤いお花の「ブロンズレッド」、ピンクのお花の「ブロンズドラゴン」2種類のご紹介です。
どちらもアンティークな葉色で落ち着いた雰囲気。
ぷっくりした可愛らしいお花です。長く咲きますよ。

花時期は4~10月
草丈20~40cm
耐寒温度約0℃(目安)

ブロンズレッド




ブロンズドラゴン

kingyo-pink2

育て方のコツ

キンギョソウを実際に育ててみて、枯らしてしまう原因は以下かなと思います。
私の場合、元気がないなぁと思ってガンガンお水をあげてしまったんです。
「蒸れに弱い」。これが1番気をつけることかもしれません。

<枯れる原因>
・強い陽射しや霜に当てている
・お花に水をかけている
・水のあげすぎで土がいつも湿っている
・咲いたお花をそのままにしている

キンギョソウは半日蔭、風通しの良いところが好き。
株が大きい時は、株元の葉を少し取って風通しを良くするのも手ですよ。
照り返しの強い陽射しも気をつけて。
霜に弱いので寒冷地では秋植えせずに春植えにした方が良さそうです。

お花に水がかかると、そこから虫がついたり蒸れて腐ったりします。
お水は株元に「乾いたらたっぷり」メリハリのある水やりを。
過湿に弱いのであげすぎに注意です。
お水をあげてもあげても元気が無いのは、水のあげすぎか根が詰まってる事が多いですよ。

種を取りたいとき以外は切り戻し。
その方が通気性も良いうえに脇芽が出てまた咲いてくれたりします。

増やし方

種、株分け、挿し芽で増やすことができます。
いちばん簡単なのは個人的には「挿し芽」だと思いますよ。

花束に入っている切り花の茎でも増やせますよ。
梅雨時か秋(10月頃)が根が出やすいです。

挿し芽するときは、若くて元気な茎を選んで10センチくらいにカット。
3,4枚くらい葉を残して水揚げ30分。
葉っぱを落とすと根っこを出すことにチカラを注いでくれます。
綺麗なハサミでカットしましょうね。

ブロンズの葉を生かした寄せ植えアイディア

こんな風に他の植物と組み合わせると素敵。

このキンギョソウが入っていない状態を想像してみてください。
主役の後ろにそっと1株あることで引き締まりますよねぇ。
ブリキや白い鉢にも合いますね。


まとめ

シックな葉の色を寄せ植えに使うと奥行きが出ます。
キンギョソウのブロンズレッドもブロンズドラゴンも引き締め役として活躍すると思いますよ。

キンギョソウは1年草なので苗の販売期間が決まっています。
いつも出回っているわけではないんですよね。
種や株分け、挿し芽で楽しむのも良いかもしれません。

苗はハッピーガーデンさんかペットエコ&ザガーデンさんで詳細をご覧になれます。





お花も葉っぱも楽しめるカラーリーフは嬉しいですね。
素敵な寄せ植えになりますように。

読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

facebook
この記事をお届けした
Grimo[ぐりも]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る