ネルソルで多肉植物の寄せ植え作り。天使の羽ハンギングタブロー

ネルソルで多肉植物を植える

多肉植物を植えるときってグラグラ動きませんかー。

挿し芽の苗は特に不安定なんですよね(+_+)。
いつのまにか抜けてしまったり、根付かなかったり。

そんな悩みを解決する固まる土「ネルソル」があります。

固まる土っていうと・・・
サボテンがカラフルな硬い砂に植えてあったりしますよね?
私、最初はそういうイメージだったんです。でも違いました。

ネルソルとは

nelsol-soil
出典:https://latte.la/

主な成分原料は・・・
ピートモスゼオライトバーミキュライトと粘着剤(水溶性合成高分子配合)。

吸水性と保水性がよく、苗の固定や水やりに優れている土なんです。
ネルソルと水を混ぜて練り、粘りが出たら軟らかいうちに植物を植えます。
固まれば完成。
ちゃんと根も出るし植え替えも出来ます。

ネルソルの特徴

ネルソルの疑問点を簡単にまとめました。
普通の用土と違う点などを以下に紹介しますね。

固まるまでの時間
約1時間くらいで固まる。壁にかける場合は固まってから。

水やり
完全に固まれば水やりしても崩れない。
完全に乾くと吸収しずらいので、ゆっくりあげるか数分つける。
植え込み直後は水やりしないこと。
(この器の場合、通常の管理として月に2回程度の霧吹きで十分。)

練った用土が余ったら
冷暗所で密閉容器に保存。乾かないうちに早めに使います。

一度使ったネルソルは再利用できる?
粘着が弱いので使わない方が無難。

枯れたり乱れたりしたら?
根から引き抜いて短く切り戻し。切り口を乾燥させてから挿しなおします。
抜いたところを少し掘ってスペースを作り、新しく練ったネルソルを補充して植えます。
他の用土と混ぜない方が良いですよ。

どんな器に使えるの?
土がこぼれにくく安定するという特徴があるので、使える器の範囲が広がります。
壁にかけられるので「ハンギングタブロー」にもおすすめ。

タブローとは「絵画」のこと。
絵画のように壁などにかけた植え込みが出来ます。

ハンギングタブローMARZELエルジェム・専用土ネルソル付

その他のハンギングタブローはこちら

天使の羽・クレモナに植える

ちょっとネルソルを試してみたいなら、こんな可愛い鉢へ。
底に1つ穴があいています。
いきなり沢山練って植えるのも不安ですからね~
慣れてきたらリースなどのオオモノに挑戦するのがおすすめです。

この器は「クレモナ」という名前がついてます。
「クレモナ」ってどういう意味なのか調べたらイタリア語で「聞く」という意味でした。
都市の名前でもあるみたい。確かにちょっとヨーロピアンですね。


ちなみに練る時は手袋を。
爪に入るとけっこうストレスですから。
だって・・・
土が糸を引くっていったい(゚Д゚;)

今まで扱ってきた土は握るとホロリとほぐれましたからねぇ。
固定概念ってやつでしょうね。慣れるまで素手では扱えない私です。

寄せ植え作りセット・単品もの

器、ネルソル、多肉の色々な種類のご紹介です。

器(クレモナ)・ネルソルのセット


多肉植物用ハンギングタブロークレモナ・専用土ネルソル付
(多肉植物は入っていません)


器(クレモナ)のみ

多肉植物用ハンギングタブロークレモナ


ネルソルのみ

ネルソル 1リットル入り


多肉のみ

多肉植物切り芽(カット芽)10芽入りパッケージ


多肉+ネルソル

多肉植物切り芽(カット芽)10芽パックとネルソル1リットルのセット

まとめ


ピースオブマインド「加藤孝幸」氏が作るモルタル造形ミニチュアハウス・多肉苗なし


ネルソルは植えやすくて、乾けば固まるのが特徴。
今まで植えられなかった器にも手軽に植えることが出来ます。
水やりしても土がこぼれにくいのも嬉しい点ですね。

多肉用の土よりも保水性のある用土ですよ。
日当たりの良い場所に置いて、水やりし過ぎないようにしましょう。

古いお皿やカゴ、手作りの器や流木など。器のアイディアは無限大です。
ワイヤーを適当に編んでもいけそうです。
どんな器に植えましょうかね~!?

ハンギングタブローはこちらへ


読んでくださってありがとうございました。


多肉植物は小さい苗から始められるのでベランダガーデニングにピッタリ。セット販売を利用すると気楽に寄せ植えを作る事ができます。
http://grimo-with.com/covent-pot/

トップへ戻る