ネルソルで多肉植物の寄せ植え作り。天使の羽ハンギングタブロー

ネルソルで多肉植物を植える

挿し芽としてカットした多肉植物を植えるとき、グラグラ動きませんか?不安定ですよね。いつのまにか抜けてしまったり、根付かなかったり。

そんな悩みを解決する固まる土「ネルソル」があります。固まる土というと、多肉植物が呼吸出来なくなるのでは?と心配になりますが大丈夫。私も最初はそう思っていましたが違うのです。

ネルソルとは

nelsol-soil
出典:https://latte.la/

主な成分原料は・・・
ピートモスゼオライトバーミキュライトと粘着剤(水溶性合成高分子配合)。

吸水性と保水性がよく、苗の固定や水やりに優れている土です。ネルソルと水を混ぜて練り、粘りが出たら軟らかいうちに植物を植えます。固まれば完成。ちゃんと根も出るし、植え替えも出来ますよ。

ネルソルの特徴

ネルソルの疑問点を簡単にまとめました。
普通の用土と違う点などを以下に紹介しますね。

固まるまでの時間
約1時間くらいで固まる。壁にかける場合は固まってから。

水やり
完全に固まれば水やりしても崩れない。
完全に乾くと吸収しずらいので、ゆっくりあげるか数分つける。
植え込み直後は水やりしないこと。
(この器の場合、通常の管理として月に2回程度の霧吹きで十分。)

練った用土が余ったら
冷暗所で密閉容器に保存。乾かないうちに早めに使います。

一度使ったネルソルは再利用できる?
粘着が弱いので使わない方が無難。

枯れたり乱れたりしたら?
根から引き抜いて短く切り戻し。切り口を乾燥させてから挿しなおします。
抜いたところを少し掘ってスペースを作り、新しく練ったネルソルを補充して植えます。
他の用土と混ぜない方が良いですよ。

どんな器に使えるの?
土がこぼれにくく安定するという特徴があるので、使える器の範囲が広がります。
壁にかけられるので「ハンギングタブロー」にもおすすめ。

タブローとは「絵画」のこと。絵画のように壁などにかけた植え込みが出来ます。


ハンギングタブローMARZELエルジェム・専用土ネルソル付

ハンギングタブローいろいろ

天使の羽・クレモナに植える

特徴は分かっても、いきなり大袋ネルソルを使うのも不安ですよね。ちゃんと育つのかも心配です。そこでまずは使い切りセットなどで、可愛い鉢から挑戦されるのはいかがでしょう。

おすすめする器は「クレモナ」という可愛い天使の羽の形。イタリア語で「聞く」という意味です。底に1つ穴があいていますよ。楽しかったらオリジナルな発想でネルソルを楽しむのも良いかと思います。

違う器で挑戦したい方はハンギングタブローいろいろへどうぞ。

最初は手袋をおすすめします。爪に入るとけっこうストレスですから。だって土が糸を引くんですもの・・・。粘り気が気にならない方は素手でもOKですよ。

クレモナ寄せ植え作りセット・単品もの

器、ネルソル、多肉の色々な種類のご紹介です。

器(クレモナ)・ネルソルのセット

▶多肉植物用ハンギングタブロークレモナ・専用土ネルソル付
(多肉植物は入っていません)

ネルソルのみ

ネルソル 1リットル入り
▶ネルソルいろいろ

多肉のみ

▶多肉植物切り芽(カット芽)パッケージ

多肉+ネルソル

多肉植物切り芽(カット芽)10芽パックとネルソル1リットルのセット

まとめ


モルタル造形ミニチュアハウス・多肉苗なし

ネルソルは植えやすくて、乾けば固まるのが特徴です。今まで植えられなかった器にも手軽に植えることが出来ますね。水やりしても土がこぼれにくいのも嬉しい点。

多肉用の土よりも保水性のある用土です。日当たりの良い場所に置いて、水やりし過ぎないようにしましょう。

古いお皿やカゴ、手作りの器や流木など。器のアイディアは無限大です。ワイヤーを適当に編んでも楽しめそうです。どんな器に植えましょうか・・・想像が膨らみますね。

ハンギングタブローいろいろ

▶ネルソルいろいろ

関連記事

盆栽みたいな多肉植物・アエオニウム「小人の祭」で紅葉を愛でる

多肉植物にぴったり!高さのあるアンティークなブリキのポット

トップへ戻る