風水でも人気の観葉植物エバーフレッシュ。夜は葉を閉じて眠ります。

友人の家で、ずっと元気にしているエバーフレッシュがあります。
窓を開ける度に風でそよそよと揺れるんです。
年代モノの和家具の前にあってカッコいいんですよ。

優しくて、清涼感たっぷりのエバーフレッシュはいかがでしょう。

葉の変化と樹形を楽しむ

「おやすみなさい」と夜に葉を閉じる姿が人気があります。
反応があるって嬉しいですよね。

花言葉は「歓喜」「胸のときめき」。風水でもよく取り上げられる観葉植物です。
室内でもお花を咲かせることが出来ますよ。



出典:ブルーミングスケープ

可愛いー!!!

魅力は柔らかい葉の美しさ

柔らかい葉が揺れる様子はとても癒されます。
室内の明るいところに置くとこんな感じ。細い葉が透き通って見える様子はとても美しくいです。




エバーフレッシュの鉢(7寸鉢) 販売店:花どんやアソシエ

いつでも剪定できる観葉植物。よく茂ります

エバーフレッシュは放っておくとどんどん茂ります。
剪定していって、好きな形に育てる事が出来るのも魅力のひとつ。
てっぺんをカットすると高さをおさえられます。

そんなエバーフレッシュなので、鉢の大きさにはちょっと気を付けた方が良さそうです。

形を整えていきたい場合は小さい鉢から。
ドーンとスタイリッシュに置きたい場合は大きい鉢から。

苗の大きさは用途で決めよう

どの鉢のサイズから始めるかは、お部屋の状況や用途で選んだ方が良さそうです。
開店祝いなどでは背丈のある大鉢が喜ばれますね。

エバーフレッシュは幹が細めなので、幹の形にこだわるのもひとつだと思います。

最初から曲がっている幹や2本仕立を選んでも楽しいです。



エバーフレッシュ・幹曲がり 高さ約140㎝~160㎝


エバーフレッシュ 幹曲がり 角鉢ホワイト 高さ約120㎝~140㎝


エバーフレッシュ 2本仕立て(プラスチック鉢)高さ約120㎝~140㎝


ご参考までに鉢についてちょっとお話を。
育てる鉢の大きさの目安になさってくださいね。

鉢のサイズについて

外径の一番膨らんだ部分のサイズを「~寸」や「~号」と呼びます。
hachisize出典:植木鉢専門店バージ

1号=3cm、2号=6cm、3号=9cmと3cmずつ増えていきます。
1寸、2寸、3寸と「寸」表示する場合も同じ扱いをしている事が多いです。
厳密には1寸=3.3cmなのでお店によって「寸」表示の方が少し大きい場合があります。


テラコッタ・サフィ3点セット【10号・8号・6号 陶器鉢】

選べる3色の陶器鉢植え・受け皿付5号(約14.5cm)

既に植えこまれている鉢が良い、または自分で大きく育ててみたい人のために。
最初は5号くらいが扱いやすいかなぁと思います。

嬉しい受け皿付き。

鉢の色も選べます。

家についたら手を汚さずにすぐ育てらるって良いですね。


evafresh-mini2
evafresh-mini
evafresh-mini3
選べる3色の陶器鉢植え(受け皿付)約14.5cm

こちらの詳しい情報はプランツショップorAgeさんへどうぞ。

育て方


出典:e-花屋さん/繊細な霧!職人仕上げ高性能ステンレス霧吹き器

夜は習性で葉を閉じます。
水分不足のときも「お水ちょうだい」と葉を閉じて教えてくれます。

育て方のポイントを箇条書きしますね。

  • はじめて部屋に入れる時の温度変化に注意(温度差に弱い)
  • 室内で優しい日に当てて育てる(直射日光は避ける)
  • 日中も葉を閉じていたら水不足
  • 葉が茶色っぽくなってきら日光不足
  • 葉に霧吹きも効果的
  • 水が好き。乾いたらたっぷり
  • 挿し木で増やせる
  • いつでも剪定できる。

↓これ、おすすめです。


≪単品・お得なセット≫ゴールデン粒状培養土 5L・14L 【観葉植物用】


こちらのサイトは育て方がとても分かりやすく紹介されています。
エバーフレッシュへの愛を感じますよ。ぜひどうぞ。

観葉植物のエバーフレッシュの育て方や選び方をまとめたサイト。木の選び方、育て方、枯れそうなときの対処法、かっこよく剪定する方法、植え替え方などを紹介しています。安心して購入できる通販情報もあります。いっしょにエバーフレッシュを育てましょう。

エバーフレッシュだけではなく観葉植物の風水についてご覧になりたい方はこちらへ。
おすすめの置き場所もご覧になれます。
観葉植物の風水と花言葉


優しい葉のエバーフレッシュで癒しのひとときを。

読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

facebook
この記事をお届けした
Grimo[ぐりも]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る