小型のアジュガ「チョコレートチップ」は寄せ植えで陰影を作ってくれます

ajyuga-top
出典:トオヤマグリーン|アジュガチョコレートチップ

涼しくなると、シックな寄せ植えを作りたくなりますね。奥行きや陰影を作ってくれるアジュガが活躍しますよ。

アジュガで寄せ植えに陰影をつけよう。

寄せ植えを作ったとき、どこかしっくりしない事がありませんか。それは年月が経っていないピュアな状態だからかもしれません。森などの自然を思い浮かべると・・・木漏れ日、落ち葉の重なりなど、時間をかけて根付いた奥行きや陰影がありますね。

kuramayama

時間経過を感じるような深さを出したい。そんな時はアジュガがおすすめですよ。

オールシーズン丈夫で育てやすい

アジュガは丈夫、虫がつきにくい、土を選ばない、日陰でも育つ、秋冬も枯れない。という特徴があります。オールシーズン取り入れる事が出来るので有難い。

お花が咲き終わった寄せ植え鉢でも美しい葉色を保ってくれます。暖かくなると小さなお花も咲きますよ。

チョコレートチップは小型。ブロンズ色の葉が美しいです。

アジュガの種類は色々ありますが、中でもチョコレートチップはおすすめ。アジュガの中でも小型なので、小さな寄せ植え鉢にも使えます。株元に少し使うだけで引き締まりますよ。

<チョコレートチップ>

ajyuga-aki
出典:風散歩

注目したいのは葉の色です。チョコレートチップは、寒くなるにつれて葉の色が濃くなってきますよ。上画像のように、薄く緑色に見えている部分も濃いブロンズ色に変化。変化する様子がとても美しいです。白やピンク、黄色・・・どんなお花にも合わせやすくて便利。とても相性が良いですよ。

▼青い色の花が咲く。ピンク色のアッツ桜と並べても映えます。

ajyuga-hana2
出典:園芸屋たなか

暖かくなると、涼し気な青い色のお花が咲きます。背丈はさほど高くなりません。アッツ桜と比較してもこのくらい(高さは10センチ前後)。咲き終わったら付け根でカットして風通し良くしましょう。そのままにしておくと虫が付くことがあります。

アジュガは種類が豊富


出展:千草園芸|アジュガ

ご紹介したチョコレートチップのほかにも色々な種類があります。上画像はアジュガだけで作られたリース。葉の色がとても美しいですね!冬でもこのまま楽しめるとは嬉しいです。

一度に色々なアジュガをチェックされたい方は以下のアジュガいろいろへどうぞ。

▶アジュガいろいろ

陰影には濃い色を。華やかさプラスには斑入りも。

寄せ植えでアジュガを使うコツとして、単色で濃い色の葉は陰影をつけてくれますが、斑(白い筋のようなもの)が入った葉は意外と植物を選びます。

アジュガ単体だけで見ると美しいのですが、他の植物を合わせるとゴチャついてしまうことも。斑入りは株元を明るくしたり華やかにしたいときに向いています。


▶ディクシーチップ


▶ピンクライトニング


▶ブラックスカロップ

アジュガはライナーで自然に増える

春と秋に株を増やせますよ。自然にランナー(細い茎)が伸びて増えるので、子株を切り離して植えるだけでOK。挿し芽をする必要もないので手軽に増やせますね。地植えにしておくと、このライナーが伸びて自然に増えていきますよ。

比較的乾燥に弱いので、乾いたらたっぷりお水をあげましょうね。

irast087
出典:やさしい園芸

まとめ

寄せ植えは深い色を取り入れると、全体が引き締まりますよね。色々なカラーリーフの中でもアジュガは頼もしい存在です。丈夫、虫がつきにくい、土を選ばない、日陰でも育つ、秋冬も枯れないという優れもの。比較的乾燥に弱いので、乾いたらたっぷりお水をあげましょう。

葉に白い斑が入ったものや、ブルーやピンク色のお花が咲くもの、色々あります。植物のイメージに合わせてチェックしてみてくださいね。

▶アジュガいろいろ


出展:千草園芸|アジュガ

スポンサーリンク

この記事をシェアする

おすすめ記事

トップへ戻る