自然界に存在しない「青いバラ」は受け入れられるのか


サントリーブルーローズ「APPLAUSE 〜アプローズ〜」

花の色には意味がある

愛犬アポロと散歩すると季節のお花に出会います。
先日感動したのは「メドーセージ」の青い色。


出典:千草園芸/メドーセージ

道路沿いに自然に育っている株でした。
穏やかな秋の陽射しの中、細い首が優しく揺れて。その美しさに立ち止まってしまうほど。

自然界の青色は、空や海を連想するのか人を惹きつけますね。こんなに綺麗な青色なのに、自然界では青いバラが無いんですよね。不思議だと思いませんか。ところが10年位前にサントリーが遺伝子操作で作りました。


奇跡の青い薔薇・サントリーブルーローズ「アプローズ」花束

不可能を可能にした!と話題になりましたね。

フラワーショウか何かだったと思いますが・・・ガラスケースに入った生花を目にしたのを覚えてます。スーツ姿のスタッフが常駐していて、恐れ多いオーラが出てましたよ。

「青」と呼ぶには薄いような姿でしたが、世界で初めて「遺伝子レベルで」青い色素を花弁にほぼ100%含ませたバラ。人間は欲しいものを手にいれる生き物ですね。見慣れてないせいか何となく違和感がありました。

鮮やかな濃い青色のバラを見かけますが、それは人工的に色素を吸わせているので、真っ青で咲いているわけではありません。以下は完全に人の手を入れたプリザーブドです。


出典:プリフラワー/青いバラ・プリザーブドフラワー・シンデレラブルーローズ

バラは、なぜ「青い色」で咲かないのか

人は「青」に惹かれるだけではなく、癒しも感じますよね。サムシングブルーやお供えにも使われますから、神聖な色という感覚もあるかもしれません。

だから人はお花の女王、バラに青を入れたかったんでしょうか。商売のニオイがしないでもないですが・・・。

バラの青について色々調べてみました。
もともと青色色素が花弁に存在しないからなんですって。
長い年月の繁殖により自然がバラの「青」は不要だと決めたわけです。

以下はサントリーのHPから

bara-zu
出典:http://www.suntory.co.jp/

この図で右側の「デルフィニジン」がもともと持っていない色素です。バラにとっては、シアニジンとペラルゴニジンで暖色系の色が種の保存に最適だったのでしょう。赤いバラの美しさを考えたら納得です。

人間で言うと、O型とA型をいくら掛け合わせてもB型が出ないみたいなもんでしょうか。そんな単純な事じゃないかもしれませんが。人間が作ってしまって大丈夫なのか!?という別の問題もありますね。

これらを解釈すると「バラにとって「青」は繁殖させてくれる媒介者に人気が無かった。
だから遺伝子から排除した」・・・という事になります。

青色の色素「デルフィニジン」


出典:園芸ネットプラス/デルフィニウム・ギネバー

バラが持っていない青色色素「デルフィニジン」ってどんな色素?

デルフィニジン(Delphinidin)は、アントシアニジンの一種であり、植物の主要な色素であり、また抗酸化物質である。デルフィニジンは、スミレ属やデルフィニウム属の花弁の青色の原因となり、またカベルネ・ソーヴィニヨンの原料となるブドウの赤紫色の原因ともなっている。クランベリーやコンコード (ブドウ)、ザクロにも含まれる。

引用:https://ja.wikipedia.org/

デルフィニウムの青が、デルフィニジンって頷けますね。とても美しい青です。赤ワインのカベルネソーヴィニヨンの色素ですよ!

誰のために咲くのか

そもそも、お花が咲く目的は種の保存のためですよね。自分が綺麗でいたい為ではありません。

媒介者が寄りやすいように、遺伝子を持って行ってとアピールするために1輪1輪、丁寧に咲いてるんですよね。だから綺麗なんだと思います。次の命のために輝く。

花色だけではなく、姿や香りもそうですね。葉がまんべんなくお日様があたるようになっているのも栄養を蓄えて生きるため。植物は強いですね。

究極の美

hana-1p

無駄がないことは究極の美なんじゃないかと思います。

だから、人が遺伝子を操作した青いバラ自身はどう思ってるんだろうとかと。バラにとっては迷惑な変化かもしれません。とはいえ、今まで天候や外敵で大きな変化があったと思います。

個人的には・・・種の保存を邪魔しないのならば、長い時間かけて受け入れてくれるんじゃないかと。繋がる命の未来は誰にも分かりませんね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

おすすめ記事

トップへ戻る