ベランダガーデニングの必需品。植え替えが楽しくなるワイヤー入り防水シート。



ガーデニング植え替えシート(ワイヤー入り)




ブルーミングスケープ|ガーデニング 植え替えシート(ワイヤー入り)

ベランダなどで植え替えをするとき、何を敷いていますか?今回は、四隅の立ち上がり高さが15センチある「植え替えシート(ワイヤー入り)」のご紹介です。手軽に使えてとても便利ですよ。土の飛び散りが軽減されます。

sheet-2
出典:楽しいガーデニング生活『なごみ』

植え替え時の汚れストレス

この植え替えシート(ワイヤー入り)をおすすめする理由は、ベランダなどの限られた空間での植え替えストレスが軽減されるためです。

新聞紙などの紙は、湿った土で破けたり重なった紙の隙間から土がこぼれますね。何も敷かないよりは良いですが、後片付けが大変です。レジャーシートは良さそうですがうっかりポット苗を外に倒したりして結局外に土がこぼれます。



新聞紙もレジャーシートも風で舞いますから、作業中の苗などを重りにしたりして面倒です。そこで、角にボタンを留めて立たせるタイプを使ってみましたが、立ち上がりが浅いとあまり効果がありませんでした。私の場合は相性が悪かっただけかもしれませんが。

ベランダなどで植え替える時に求めるシートの条件

  • 防水
  • 軽い
  • 角の立ち上がりが高め
  • 折りたためる

簡単な事ですが、この条件があるだけで植え替えのストレスがぐっと減りますよね。土の飛び散りを気にせず植え替えられて、掃除がとても簡単。サッと洗えば簡単に汚れも落ちます。

プラスチックの硬いトレータイプもありますが、折りたためる方が便利。車の車の後部やトランクに敷いて使うのも良いですよ。アイディア次第では園芸以外にも使えそうですね。猫のトイレまわりに使う方もいらっしゃいます。

強度や防水をどこまで求めるか

この植え替えシート(ワイヤー入り)の良さは手軽さ。手早く広げて、サッと使うためのもの。素材が薄いことも使いやすいところ。

防水強度をどこまで求めるかによりますが、例えば水分をたっぷり含んだ水苔や苗を長時間使う時は注意です。強度を求めている方は検討された方が良いでしょう。

そこまで求める場合は、ゴム製のたらい型バケツがおすすめ。蘭の水苔の取り換えもスムーズで、ちょっとくらい足がひっかかっても倒れません。ガンガンと土すくいで土を混ぜても気になりませんし、中で鉢も洗えます。ショップでも使っていましたよ。改めて別の機会にご紹介しますね。


▶ゴム製のたらい型バケツ

まとめ

ベランダなどで、手軽にガーデニングをするための植え替えシート(ワイヤー入り)をご紹介しました。防水・軽い・角の立ち上がりが高め(15センチ)・折りたためるという条件があると、かなり楽に作業できます。

サッと使える植え替えシート(ワイヤー入り)、ぜひチェックなさってみてくださいね。

▶植え替えシート(ワイヤー入り)

スポンサーリンク

この記事をシェアする

おすすめ記事

トップへ戻る