メルヘンの木(ソフォラ・ミクロフィラ)は樹形を生かして楽しめる観葉植物です。

sofora-a-up出典:ayanas/ソフォラ・ミクロフィラ


先日「小人の祭」というアエオニウム属の多肉植物を記事にしました。
樹形が個性的でカッコいいんです。

小人が出てきそうな植物は観葉植物にもあるんですよ。

メルヘンの木(ソフォラ・ミクロフィラ)

sofora-a-zenbu出典:ayanas/ソフォラ・ミクロフィラ


くねくねした枝と小さい葉が可愛い。
この枝ぶりの愛らしさから「メルヘンの木」と呼ばれているようです。

最初に出会ったのはガーデニングショップに勤めていた数年前です。
苗を仕入れて陶器鉢に植えて販売していました。

雑貨と並べて店頭に置くとすぐに完売。
その植物をめざして買いに来るお客さんもいらっしゃるほど。
私が作った鉢を喫茶店に置かせてもらった、思い出の植物でもあります。

人気の理由


なぜそんなに人気なのかといいますと・・・
自己主張しないのに個性的。色々なシーンにはえることも魅力のひとつなんです。

小物の近くに置いたり。
sofora-a-zakka
出典:ayanas/ソフォラ・ミクロフィラ陶器植え


家具の上にポンと置いたり。
sofora-e-2ton
e-花屋さん/ソフォラ・ミクロフィラのカラー陶器植え


苔玉だってばっちりです。

sofora-koke


sofora-kokeup
みどり屋和草/ソフォラ・ミクロフィラの苔玉・焼締器セット


シャビーな鉢も似合う。

e-花屋さん/ソフォラ・ミクロフィラ(モスポット)


丈夫で育てやすい

華奢に見えるけれど、案外丈夫。
1年中葉っぱをつけている常緑の植物です。


育て方のコツ

育て方のポイントは、日当たり・水やり・風とおし。
病害虫もつかず育てやすいんですよ。
春から秋は戸外でも大丈夫。真夏の直射日光は避けて軒下などで育ててくださいね。
冬は必ず室内。寒さには弱いです。

葉が落ちたり黄色くなるのは水のやりすぎか日光不足がほとんど。
小さなコバエが飛んだりしたら蒸れている証拠です。


↓大雑把にまとめると育て方はこんな感じ。

・明るく日の当たる場所。冬は室内。
・乾いたらたっぷりメリハリのある水やり。毎日あげない。
・時々葉に霧吹き
・風通しをよく


枝の剪定

気になるのは枝の剪定ですよね・・・
そのまま放っておくと2mくらいまで伸びます。

あまり高くしたくない場合は、毎年軽く剪定してあげるとコンパクトです。
冬と真夏以外なら伸びすぎた枝を切れますよ。
切った枝は、挿し木で増やせます!

まとめ

sofora-a-hand出典:ayanas/ソフォラ・ミクロフィラ


仕立てやすいので色々な表情を見せてくれます。
小鉢に植えて小盆栽にしたり、草花や山野草と寄せ植えしても良いですよ。

剪定した枝を挿し木で増やしても楽しいですね。
可愛いだけじゃない観葉植物。すすめです。


詳細はこちらをどうぞ。

ayanas/ソフォラ・ミクロフィラ陶器植え
e-花屋さん/ソフォラ・ミクロフィラのカラー陶器植え

みどり屋和草/ソフォラ・ミクロフィラの苔玉・焼締器セット
e-花屋さん/ソフォラ・ミクロフィラのモスポット植え



苗だけご覧になりたい方はこちらへ。

おぎはら植物園/ソフォラ・ミクロフィラ9㎝ポット



どんな雰囲気で育てようか迷いますね。

読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

facebook
メルヘンの木(ソフォラ・ミクロフィラ)は樹形を生かして楽しめる観葉植物です。
この記事をお届けした
Grimo[ぐりも]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る