ふわふわの白い産毛(トリコーム)の銀葉が美しいチランジア・テクトラム

tillandsia-2payanas/チランジア テクトラム


産毛を持つ植物が大好きです。
先日、エアプランツの王様と呼ばれている、キセログラフィカをご紹介しました。
王様の次は女王をご紹介しなくては。

女王と呼ばれるにふさわしい「テクトラム」をご紹介しますね。

チランジア・テクトラムの魅力

チランジアというのはエアプランツの事です。
チランジア科は3000種類以上あって、その中の1つに「テクトラム」があります。

形状タイプは2パターン。


この白い産毛が綺麗です~。
この産毛は「トリコーム」といって、ここから水分を吸収します。

テクトラムはこの産毛が長いのが特徴。
長い分それだけ水分を吸収できるので比較的乾燥に強いです。

未知の場所・・・熱帯樹木の種のような。
太古からタイムスリップしてやって来たような。
不思議な魅力です。


出典:日本花キ流通/チランジア テクトラム

ブリキのコップにちょこんと乗せても素敵。
ホイップクリームみたい!?

ゆっくり育つ

tillandsia-handon
出典:ayanas/チランジア テクトラム

成長が遅いのでお部屋で育てても安心。
この画像の大きさで「L」サイズとして販売されています。

大きくドーンと育てたい方は大型ロゼットのギガンティアが良いかと思います。
なんせ成長するのは年単位だそうなので。
のんびり好きの私でもさすがに待てないわぁ~・・・


ちなみに、お花も咲きますよ(^-^)

tillandsia-flower
出典:ayanas/チランジア テクトラム


通気性がある環境に置こう

最大の魅力は「ふんわり」感。
通気性を考えたとき、テーブルなどに置くよりは吊るす方が良さそうです。

というのもエアプランツはメリハリの利いた水分補給が必要なんです。
水やりするときは、たっぷり。
でもその後は、ちゃんと乾燥。

根元部分を乾かさないと腐ってしまう場合があるんです。

吊るす

こんなふうに天井から。
段違いに並べても可愛いですね。

tillandsia-turushi
出典:ayanas/チランジア テクトラム


ワイヤーを使って「掛ける・置く」

吊るす場所がない場合はこんな方法もあります。

%e3%83%81%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%a2%e9%a3%be%e3%82%8a%e6%96%b9

%e3%83%81%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%a2%e9%a3%be%e3%82%8a%e6%96%b92

出典:https://www.etsy.com


画像は違うエアプランツですが、応用できそうでしょう?
のせる部分の輪を大きくすればいいんです。

好きな場所にひっかけられる。


ワイヤーの先端の丸め方は慣れてしまえば簡単です。
コツは先端だけをつまんで丸めていくこと。

1.ほんの数ミリ程度、先の細いペンチで先端を曲げる
2.ペンチを持つ手のひらが外に向くように摘まみ方を変える
3.そのままぐいっと手前に一周。ワイヤーがペンチに巻き付くように手首をひねる
4.また、2のように持ち変えて好きなところまで丸める

ワイヤーの先端を丸める方法はこちらへどうぞ


もっと簡単なグルグルの形もあります。

出典:園芸ネットプラス/エアプランツホルダー

ちゃんと商品化されてる、エアプランツホルダーです。
似たような感じで作れるかも?

高さや大きさを変えれば、いろんなエアプランツに対応できます。

%e3%83%81%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%a2%e9%a3%be%e3%82%8a%e6%96%b93
出典:ふらここ/エアプランツホルダーぐるぐるスツール



話がちょっとそれますが・・・
私は以前、似たようなグルグルを作っていました。

ちょっとグルグルが甘いんですけど(^-^;。

%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bchandmade

ヒヤシンスの水栽培。
私はどうもあのプラスチック容器が苦手なんです。

この方法ならどんな形の器でも対応できます。
でも根っこがちぎれるわ、グラグラするわで結構ストレスでした。
もしや、デザインに問題があるのか・・・。


↓水栽培の器の記事はこちらです。

上皿と本体の2構造。花瓶としても使えるので1年中活躍しそうです。

これ便利なんです。
何でも苦労してみて、有難みが分かるんですよねぇ。


私が利用するワイヤーは盆栽用。
・・・我ながら渋いチョイスだと思います(-_-;)。


育て方

簡単に育て方を箇条書きにしておきますね。

以下は目安。環境によって違うので様子をみて水やりしてください。
テクトラムは比較的乾燥に強いので、水のやりすぎに気を付けましょう。
湿ったままにしておかない事がポイントだと思います。

・必ず風通しの良い場所に置く
・やや明るい室内に置く
・週に2~3回、夕方にたっぷりな霧吹き
・気温が下がったら週に1度程度のたっぷりな霧吹き
・何時間も濡れたままにしない
・緊急時だけ、3~4時間全体を水に浸してから吊るして乾かす
・10℃~30℃で育つ


この霧吹きおすすめです。

エアープランツに理想的。繊細な霧!職人仕上げの高性能ステンレス霧吹き器

まとめ

エアプランツは人が居心地が良いと感じる環境で育ってくれます。
のんびりと育つ女王。
美しい銀葉に癒されちゃいましょう。

チランジア テクトラムは、ayanasさんで詳細をごらんになれます。

こちらからどうぞ。

チランジア / テクトラム【 Lサイズ 】


読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

facebook
この記事をお届けした
Grimo[ぐりも]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る