土を使わずに軽く壁にかけられる観葉植物フレームのインテリア

先日、食器などを見にインテリアショップへ行ってきました。

すると壁面に小さな観葉植物が並んでいたんです。
造花?と思って近づいたらナマの苗でした。

しかも葉は艶やかで、生き生きと上に向かって育ってる。

kabe-green-top

でも土だったらけっこう重いはず。じっくりと根元を見てみたらスポンジみたいなモノが。
フレームには「ミドリエ」と書いてありました。

これは壁面用に専用に作られたに違いない!
調べてみたら通販で購入できることが分かりました。

約20センチスクエア型の壁掛け観葉植物フレーム

高さ19.2センチ、幅18.7センチ。
めいっぱいお水を足しても1キロ程度。フレームと一緒に育てやすい観葉植物が既に入っています。

midorie2
ワールドガーデン/ミドリエデザイン【土を使わない壁掛け観葉植物】

「軽い」から嬉しい。しかも、土を使わないので清潔。食卓の近くにも置けますね。

土と同等以上の生育スポンジ「パフカル」

スポンジのように見えたのは「パフカル」という土に変わる新素材でした。

こうしてパフカルは誕生しました
植物生育には光、水、肥料以外に、実は空気も大変重要です。特に、都市緑化や家庭のプランターなど容器栽培ではなおさらです。
そこで、根にたっぷり、長期間空気を与える、土に代わる新基材の開発を開始しました。
素材には、気泡が多く、弾力性に富み、安全かつクリーンなスポンジを選びました。
しかし一般のスポンジは水をはじいて生育に最適な水分率にならず、「空気を残しながら吸水できる」スポンジ開発に大変苦労しました。何千という試作を経たある日、土と同等以上の生育のスポンジ苗を目にした時は感無量でした。
サントリーミドリエ 開発担当

引用:http://www.suntory.co.jp/

水分とお水が縦置きしてもムラにならないそうです。だから壁にも置けるんですね。
スポンジだと立て掛けたらポタポタお水がたれますもんね。

育て方とお手入れ

横に穴があいていて、そこからお水を足すだけ。
観葉植物用の液体肥料を月に1度くらいのペースであげて時々剪定するだけです。

・葉が黄色っぽくなって元気がない場合は、日光不足なのでより光のあたる場所へ
・根元から枯れてきた場合は、水分不足か温度不足。10度以下にならない場所へ

パフカルに、もしカビが生えてもキッチンペーパーなどで拭き取れば落ちるようですよ。
土じゃないので虫も付きづらいんですって。

気になる場合はパフカルマットの交換もできるので安心です。

フレーム交換用パフカルマット(5苗用)
フレーム交換用パフカルマット(3苗用)

パフカル植えの植物に合った肥料

観葉植物用の液体肥料でOK。
日当たりの少ない室内の植物用の液肥を使うと便利です。

月に1度くらい。
お水で薄めて与えると元気になりますよ。

「ペンタガーデン」を使った肥料の上げ方をご紹介しますね。

日陰や寒さへの耐性に優れ、根からの栄養吸収を促進。
丈夫で根の強い植物に育ちます。
世界で初めて家庭用園芸向けに5-アミノレブリン酸(ALA:生物にとって必要不可欠なアミノ酸)を配合した肥料なんですよ。ミドリエ以外の観葉植物や家庭菜園にも使えます。

ペンタガーデンPROは、ペンタガーデンValueの高濃度版(1,000倍希釈)です。

<ミドリエへの肥料の上げ方>

penta_05
midorie29

出典:ふらここ

壁にかけるときの穴の大きさ

壁になにかをかけるとき、穴の大きさは気になりますよね。

mdrd2016_kabe
ワールドガーデン/ミドリエデザイン【土を使わない壁掛け観葉植物】

軽いからこのくらいの穴ですむんですね。
ありがたい仕様です。

苗を変えたいとき

枯らしてしまった、又は違う苗で気分を変えたいとき。

専用の交換用苗もあります。

pafukal

サイズ・デザイン違い

大きなサイズもあります。大きさが変わっても、穴が目立たないピンタイプ。

優しい雰囲気の丸いタイプ。

まとめ

お部屋で簡単に観葉植物を育てられるようになりましたね。
均等に空気とお水が行き渡るなんて、よく開発できたなぁと思います。

土が入ったフレームを壁にかけるのに抵抗がある方にも良いですね。いっぱい並べると絵画みたい。

kabe-green-tate

これは贈り物にしても喜ばれそうです。
ミドリエはワールドガーデンさんで詳細をご覧になれます。
ギフト用は無料でリボンをかけてくれますよ。


読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

facebook
この記事をお届けした
Grimo[ぐりも]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る