ムスカリの長く伸びた葉をどうにかする方法3パターン

ムスカリの花

ムスカリは葉が長く伸びる植物

ムスカリは植えっぱなしでも健気に咲いてくれますよね。葉が伸びすぎて困った事ありませんか。鉢の高さよりも伸びて地面についたりします。あれ、どうにかしたいですよね。

▼どんどん葉が伸びる

ムスカリの長い葉

でも・・・葉には栄養を蓄える重要な役割があるので切れないのです。

もともと長く伸びる性質です。地植えではあまり気になりませんが、鉢に植えていると気になりますよね。そこでどうにかする方法を探りました。

掘り起こせない時期は鉢を工夫する

手っ取り早いこんな方法どうでしょうか。鉢はそのまま使います。葉が下にいかないように鳥の巣作戦。

musukari-eda
出典:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/

枝と葉が見え隠れして素敵だと思いますよ。枝は細くて曲げやすいものを拾ってきても良いですが。アレンジメント用の柳の枝が使いやすいです。ドラゴンヤナギは、このウネウネ感がナチュラルでいいですよ。


【生花】ドラゴンヤナギ(1M〜)[10本]

丸めるとこんな風になります。

doragon-2

もう伸びてしまった葉は切れないから、とことん葉を楽しむ!そうと決めて楽しむなら最初からハンギングもおすすめです。

葉が伸びる性質をあえて楽しむ

ハンギングなら葉があったほうがカッコいいですよね。半円の場合はエッジ側に植えると素敵です。

musukari-hang
出典:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/

いやいや、そこまでしっかりハンギング作りするつもりは無い!という場合はこんな方法も。

hohi-zakka2
出典:ヤスダ倶楽部/麻紐(ホビー向け)きなり色160m巻

お手持ちのプラ鉢と麻紐で簡単に楽しむ方法です。麻紐で鉢を包むようにハンギングして、いっそのこと垂れさがる葉を愛でてしまう。伸びた葉がだんだん下に垂れて綺麗ですよ。

これはプラントハンガーと呼ばれていて、いろんな編み方がありますよ。いちばん手軽なのは平結び。それだけで素敵なプラントハンガーを作ることが出来ます。

でも編んだりするのは大変だし、麻紐を準備するのも面倒だなぁ・・・という場合は完成品を使っても良いですね。使わないときは収納の場所も取りませんし、ムスカリだけではなく多肉や観葉にも使えますから。

翌年に葉を伸ばさない方法

でもやっぱり伸びすぎるのは嫌!という場合は球根を掘りあげです。

堀上から植え付けまで

①葉が黄色っぽくなった6月頃に掘りあげ。
②涼しい場所で陰干し
③枯れた葉を取る
④10月頃に子供球根を除いて植えつけ

秋めいた9月頃、すぐ植えると結局また葉が長く伸びてしまいます。ちょっと遅めに時期をずらすのがポイント。あんまり寒くなってからにならないようにしましょう。

とはいえ2~3年植えっぱなしだと結局葉は伸びてきます。ムスカリは分球して増えていく植物ですから、堀上げは球根にとっても良い事ですね。

まとめ

ムスカリまとめ

ムスカリの葉が長く伸びるのは栄養補給のためです。葉が伸びる性質を楽しむか、掘りあげて短く保つか。元気に花を咲かせるには、この2パターンから選ぶしかありません。

長い葉にしないためには、秋が深まった10月頃に植えつけてみてくださいね。ただ、数年植えっぱなしだと結局は葉が伸びてきます。

ムスカリは何年も咲いてくれる頼もしい球根です。青や白のムスカリは良くみかけますが、ピンクサンライズの淡い色合いもおすすめですよ。主張しないので色々な植物に合います。

植物の自然の姿を生かすのも良いし、掘りあげるのも良いし。どんな雰囲気で育てるかによりますね。葉もお花と同じように愛でられたらいいですね。

関連記事

球根を植えた場所を忘れない!植物に馴染む英国木製プランツラベル。

球根の育て方は?春と秋の植え方や肥料・鉢植えの深さはどのくらい?

スポンサーリンク

この記事をシェアする

おすすめ記事

トップへ戻る