ヒヤシンスの水栽培が簡単にできるお洒落なガラス容器

hyacinth-top

ヒヤシンスの水栽培。
経験した方は分かってくださると思うんですが、色々思う事があるんです。

球根を手で持って水替えすると根がちぎれたり。
プラスチックだと割れて数年しか持たなかったり。
お部屋に置くにはちょっと・・・というデザインだったり。


いちばん望むのは水替えがスムーズに出来ること。

なるほどこれなら使いやすい!
そう納得できる器があるんです。

1年中使えるアクアカルチャーベース

free-1
出典:free design アクアカルチャーベース

いたってシンプル。
どんなインテリアにも合うデザインです。

画像のようにヒヤシンス以外でも水栽培できる構造なんです。

ヒヤシンスの根を優しく扱う

ヒヤシンスの根は折れやすい。
質感を例えるならモヤシみたいな感じ・・・でしょうか。
ちょっと油断すると簡単に折れてしまうので、丁寧に扱う必要がありますよね。

この器は水替えがとても楽。

2構造になってるんです。
球根を触らずにそーっと取り出すことが出来ます。

w-1 ange-1
出典:WESTREAMアンジェ

この上皿のゆるかやなカーブ。
さりげないんですが素晴らしいんです。

例えば、上の画像のような構造の植物の場合。
葉や茎にガラスのエッジが当たらない。
穴に差すので安定しますからコップに差すよりも負担が少ないんです。

クロッカスなどの球根やアボガドの種、ハーブ、多肉植物など置けます。

根や茎を愛でられる美しいフォルム

上皿を取れば花瓶としても使えます。
下が膨らんでいるので根や茎はゆったり。

tenpoo-exw-2

出典:tempoo

ヒヤシンスを育てる時の水位

上の画像のように根の1/3にお水がくるように保って育てます。
暑い日は毎日、寒い時でも1週間に1度はお水替えを。
ミリオンを底にひとつまみ入れるとお水が腐るのを防ぎますよ。
元気に育てるポイントです。


【水質浄化、土質改善、生長促進】珪酸塩白土 ミリオンA 500g

用途に合わせてサイズを選ぼう

ヒヤシンスを育てるなら、個人的には「L」サイズがおすすめです。
大きくてどっしりとしたヒヤシンスに出会ったときでも使えますから。
根もけっこう伸びますからね~
「S」サイズは多肉植物や小さなサボテンなどを。

大きさはこんな感じです。

f-hand
出典:free design アクアカルチャーベース

アクアカルチャーベース L
アクアカルチャーベース S

カラーはクリアとブルーの2色

ange-2
出典:アンジェ

シンプルでどんな植物にも合うクリアも良いけど・・・
綺麗なブルーはあまりみかけませんねぇ。
お部屋のアクセントにブルーも良いかもしれません。

まとめ

ヒヤシンスはたった1球お部屋にあるだけで、優しい香りが広がります。
ただいまとドアを開けたときにふわーっと香る心地良さ。

1度味わうと水栽培が毎年楽しみになります。



黒いヒヤシンスが渋くて好きです。。。


アクアカルチャーベース の詳細はアンジェさんでご覧になれます。

アクアカルチャーベース L
アクアカルチャーベース S


9年連続インテリア部門1位のお店です。

アボガドの種から育てる方法も紹介されていますよ。
眺めているだけで楽しくなるお店です。



花瓶としても使える使えるガラスの器。
1年中使って、お花も根も茎も愛でましょう~。

読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

facebook
この記事をお届けした
Grimo[ぐりも]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る