Parrot Flower Powerの使い方で考える未来の植物との関わり

greenbox-p出典:インテリア雑貨フラネ/パロットフラワーパワー植物管理センサー

Parrot Flower Power(パロットフラワーパワー)

植物の状態をリアルタイムに管理できるセンサー

先日、NHKで色々な便利グッズを紹介していました。
その中で植物を管理するセンサーがあり、とっても驚いたんです。

育てている植物の土にセンサーを挿して、タブレットやスマホで状態を管理するというもの。
管理できる植物は6千種以上。
256台のセンサーを1つのアカウントで管理できてしまう。

太陽光量、外気温度、肥料濃度、土湿を送信してくれます。


ただ送信するだけじゃない。
育てている植物に合わせた情報を送ってくれるんです。

imgrc0069781574
出典:インテリア雑貨フラネ/パロットフラワーパワー植物管理センサー

つまり・・・

日に当てすぎたり足りなかったりする事もない。
植物が欲しがっている肥料をあげられる。
水切れや過湿で枯らしてしまうこともない。

その植物にとってベストの状態を教えてくれるセンサーなんです!
ここまで来たかーという感じです。


ただ、機械にできないことは「愛情」なんですよね。
育てているとやっぱり、植物と心で会話することってあると思うんですよ。
植え替えてあげると嬉しそうに見えたりするでしょう?
お花が揺れると笑ってるようにも見える。

そこでちょっと思ったんですが。

このセンサーに人工知能を付けたらどうなっちゃうんだろう!?って。

植物と人工知能

例えば・・・
根を張る肥料不足を解決したら「わぁ~根っこを伸ばせそう!ありがとう」
日光不足を解決したら「とっても気持ちよくて気持ちいです~」
なぁんて言ってくれたら嬉しくなっちゃう。

話しかけたら答えてくれるのもありかもしれない。
「~さんこんにちは。今、少しお水が欲しいです~」とかね。

ひょっとしたら育成に関係ない会話も可能かもしれないですね。
外気温度を図れるならお天気の会話くらいなら出来ちゃうでしょうし。
人工知能が発達したら、学習していくのでさらに濃い会話が出来るようにもなるでしょう。

それって可能な事だと思うんですよ。今の技術を考えると。
会話をする、しないを選ぶメニューを付ける感じで。


将来はセンサー内蔵の器も登場するんじゃないかと思っています。
それかネームラベルみたいな薄型の。

需要と供給が合えば実現可能かと思いますが。どうなるでしょうかね。
私は高齢者の方の助けになるんじゃないかなと。


実は先日、高齢者向け施設を見に行ったんです。
正面玄関から見えるウッドデッキのお庭が綺麗でした。
車いすでも収穫できるように工夫されていたプランターがあったんですよ。

それに、どの窓からも緑が見えてとても明るい。
99才の方や歩けない方、認知症の方もいらっしゃる。
でも老人ホームという暗いイメージは無く、利用者さんが笑ってるんですよ。
緑って大事だなぁと実感したところです。


ごく普通に植物と会話出来る日が来たら楽しいかもしれません。
関西弁、東北弁、色々来ちゃったりしてね。

読んでくださってありがとうございました。


Parrot Flower Power スマホで植物の健康状態を把握 (グリーン)

挿すだけで水やりのタイミングを「色」で教えてくれる水分計。必要な水分をベストな状態であげられるのでリピーターも多いです。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

facebook
この記事をお届けした
Grimo[ぐりも]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る