飾るように育てられるチランジア・ウスネオイデス(スパニッシュモス)

usune-1<出典:ayanas/チランジア・ウスネオイデス

チランジア・ウスネオイデス(スパニッシュモス)

usune-7
出典:ayanas/チランジア・ウスネオイデス

チランジアというのはエアプランツの事です。
チランジア科は3000種類以上あって、その中の1つに「ウスネオイデス」があります。
別名の「スパニッシュモス」の方がぴんと来るかもしれませんね。

この綺麗なモスグリーン色をよくみると白い産毛「トリコーム」がビッシリついています。
この産毛から水分を取り込むんですよ。

日に当たるととっても綺麗です~。

飾り方

どこかに置くと蒸れたりするので、空中で育てる方がおすすめ。
柔らかい陽射しと通気性がある環境が良いですよ。

飾りながら育てられるって楽しい。特別な鉢や土は要らないんです。
壁にただ吊るしてもお洒落。

つるす

usune-4

usune-5
出典:ayanas/チランジア・ウスネオイデス


引っ掛ける






観葉植物のマルチングがわりに

usune-up


usune-1usune-2
出典:ayanas/チランジア・ウスネオイデス

育て方

水やり

水やりの量が1番の心配ではないでしょうか。

蒸れに弱いので空中で育てる方がおすすめ。
春~秋は週に2~3回以上、冬は週に1度くらい。
霧吹きやシャワーでたっぷりお水をあげましょう。ただし梅雨時は控えめに。

その他月に1度くらい、4~5時間お水に浸します。
お水をあげた後は必ず乾燥を。風通しの良い場所でしっかりと。


置き場所

寒さに弱いので冬は必ず室内へ。
夏場の閉め切った部屋は要注意。高温多湿が苦手です。
柔らかい陽射しが入る場所、風通しが良い場所で育てましょう。

元気に育てるポイント

・レースのカーテン越しの柔らかい日光
・蒸らさない
・風通し良く
・急激な温度変化に注意

一部の枝が少し茶色になってしまったら

usune-8出典:ayanas/チランジア・ウスネオイデス

1番考えられるのは「蒸れ」です。

束ねていると密集しているので少し傷んでしまう事も。
そのまま育てても問題は無いです。
気になるときは茶色の部分を切って、束ねずに別にして育てると良いですよ。

それでも変わらなければ、水分の量や日当たりを見直してみてくださいね。
エアコンの風もダメなので盲点かもしれません。

基本的に人が心地良いと感じる環境が好きです。
お部屋にいるとき、一緒に居られればベストですね!

まとめ

usune-6
出典:ayanas/チランジア・ウスネオイデス

美しい産毛が魅力のチランジア・ウスネオイデスは、お部屋で飾るように育てられます。
居心地の良い場所に移動してあげる事も簡単ですね。

形を自由に変えられるのも魅力の1つ。
植物好きの方へ何かを贈り物にするときに、ちょっと添えても喜ばれますよ。
緩衝材として使われることもあるようです。
それだけ丈夫なんですね。


詳細はayanasさんでご覧になれます。

チランジア・ウスネオイデス



お部屋に合わせて自由に飾っちゃいましょう~。
読んでくださってありがとうございました。

同じチランジアの仲間
http://grimo-with.com/tillandsia-t/

飾るときのポイントは「風通し」と「明るさ」。自由な発想で置いたり吊るしたりして楽しみましょう。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

facebook
この記事をお届けした
Grimo[ぐりも]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る