肥料の三要素の働きとは?「窒素・リン酸・カリ」比率の簡単な覚え方

hiritu

植物を元気にしたくて肥料を選ぶ時があります。

パッケージには、さりげな~く「3要素の比率」が書いてありますよね。
これ、結構大事なんです。

この比率、覚えやすい言葉があるんですよ。

3要素比率は「私バカね」で覚える


このパッケージには「チッソ6.5、リンサン6、カリ19」とあります。
これは3要素といって効果は以下の通りです。

わかりやすいアイリス家庭菜園肥料特集 から。


3hiryo
出典:アイリス家庭菜園ドットコム


なので3要素効果をかなり大雑把に言うならばこうなります。

チッ素・・・「葉(ば)」
リン酸・・・「花・果(か)」
カリウム・・・「根(ね)」

ですからこの歌で覚えるのがぴったり。

私馬鹿よね~お馬鹿さんよね~♪。細川たかしさんの歌です。
世代的にご存知ない方もいらっしゃるでしょうかね(^-^;


上の画像のハイポネックスの場合では

チッ素「葉(ば)」6.5
リン酸「花・果(か)」6
カリウム「根(ね)」19

根っこの比率が多い事が分かります。


時々3要素の後ろに中要素が追加されているものもあります。

この場合は

チッ素は「葉(ば)」6
リン酸は「花・果(か)」40
カリウムは「根(ね)」6
マグネシウム「リン酸の吸収を助ける」15

花や実をつける植物に対して効果が高い肥料といえます。

という事は比率が高い方がすごく効果ありそう!って思いますよね。
でもそうとも言えないんです。

植物が求める比率をあげよう

例えば、チッ素「葉(ば)」は植物細胞のタンパク質を構成する葉緑素を高めます。
過剰にこの要素を強化すると葉ばかり茂ってしまう。
カルシウム不足で弱ってしまうんです。

その植物に合った効果の比率が大事なんですね。
果樹で実をつけたいのに、チッ素「葉(ば)」の比率を高くしても効果は期待できないわけです。


ここでもう1つ注目すべきことは3大要素の合計です。
3要素が30%を超える場合はちょっと注意ですよ。
「高度化学肥料」と呼びますが、効き目が早いので追肥したり野菜の栽培に向いています。

また、3要素合計が15%以上30%未満を「普通化学肥料」と呼びます。
こちらは室内の観葉などに向いています。


例えば日陰や日当たりの悪い室内ではこんな肥料がおすすめですよ。
ALA(5-アミノレブリン酸)という光合成を高める成分が入っています。

比率は、チッ素8・リン酸10・カリウム4です。

比率の数字ですが・・・
例えばチッ素8と書いてあったら100g中にチッ素が8g含まれているという意味ですよ。
私、数字に弱くて最初はピンと来なかったので(^-^;
一応補足です。

まとめ

3fertilizer

3要素だけでも分かると肥料を選びやすいですよね。

肥料はご紹介した「化学肥料」の他に、油かすや牛糞などの自然原料で作られている「有機肥料」があります。
室内やベランダで使うのならば「化学肥料」の方が手軽で比率も分かりやすいです。

育てている植物が何を欲しがっているのか分かったらいいですね。
見当違いになっちゃったら可哀想ですもんね。


比率の覚え方は、私「ばかね(N葉・P花果・K根)」ですよ。

私馬鹿よね~の歌は細川たかしさんの「心のこり」です。デビューシングルなんですって。
デビューからあんな強烈な歌声ってすごい人です。。。


芸道40年記念 細川たかし全集 心のこり〜艶歌船


楽しく歌いながら肥料をあげて、植物が元気になるといいですね。
「北酒場」なんか良いかもしれませんねぇ~
私ちょうど髪が長いし・・・。
はっ(゚Д゚;)どうでも良い情報でしたね!失礼しましたっ。

読んでくださってありがとうございました。


http://grimo-with.com/fertilizerjug/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

facebook
この記事をお届けした
Grimo[ぐりも]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る