液肥の作り方は簡単!メモリ付き水差しで正しい希釈

mizusashi-top出典:彩植健美|リッチェル目盛り付き水差し

液体肥料の希釈は正しく!リッチェル目盛り付き水差し

液体肥料をどうやって植物に与えていますか?大きなコンテナや、鉢からこぼれても構わない場所ならばジョーロ内で希釈(薄めて)してそのまま与えるのもOK。ところが、室内の観葉などは、なるべく鉢からこぼしたくありませんね。

そこで、ジョーロのハス口を取って与えてみると水圧が強すぎてしまいます。片手を添えて水圧調整しようとすると、今度は株元めがけてあげるのが大変。そこで私は500㎖ペットボトルを利用していた事がありますが・・・希釈するときに液がこぼれて手間がかかってしまいます。

もっとシンプルに。測りやすく与えやすい水差しが欲しい!

液体肥料はお水で薄めずそのまま使えるストレートタイプがありますが、用途別にあれこれ揃えるのは大変。やはり濃度を変えてオールマイティーに使えるタイプが良いですね。

液体肥料いろいろ

希釈が分かりやすい1リットル目盛り

mizusashi-tutu
出典:彩植健美|リッチェル目盛り付き水差し

今回は液肥を簡単に希釈できるリッチェルの目盛り付き水差し」のご紹介です。デザインもシンプルでどんなお部屋にも馴染みます。個人的に良いと思う点は以下4つ。

  • メモリ付き。ちょうど1リットル入る
  • 注ぎ口が広くてお水を入れやすい
  • ノズルが長くて細いので、液体肥料を与えるときにこぼれにくい
  • 半透明なので、面倒な希釈率も一目で量が確認できる

↓更にキチンと計量したい場合、こんなお助けモノも便利。

以下にもう少し詳しくご説明しますね。

持ち手が優しい

mizusashi-tutu2
出典:彩植健美|リッチェル目盛り付き水差し

持ちてのエッジが丸いので手に優しい。1リットルなので重くはないけれど、鉢の置き場所によっては無理な体勢になります。持ち手の下の方を持って与えられるので楽です。

注ぎ口はステンレス。長くて与えやすい。

mizusashi-memori
出典:彩植健美|リッチェル目盛り付き水差し

ここがジョーロと大きく違うところ。ノズルが細くて長いので、狙ったところにピンポイントで注げます。液体肥料はこぼれるとベタベタするんですよね。ノズルの素材はステンレスなので錆びにくいです。長く使えますよ。

関連記事

液体肥料は使い分けで効果発揮!日陰の植物や寄せ植えにおすすめ

観葉植物には葉水を。心地良い霧と肥料・活性剤の使い方

肥料の三要素の働きとは?「窒素・リン酸・カリ」比率の簡単な覚え方

まとめ:楽しく液肥をあげられる水差し

メモリがついた水差しは液体肥料の希釈(薄めて使う)時に便利。

リッチェル目盛り付き水差し(1リットル)は、お水を入れる部分が広いので早くお水を汲むことが出来ますし、ノズルが細くて長いので使いやすいです。希釈が見える・株元に上げやすい・お洒落。機能的で無駄がなく飽きる事なく使えますよ。

床に液体肥料をこぼしたくない室内の観葉におすすめです。

Sponsored Link

この記事をシェアする

おすすめ記事

Sponsored Link
トップへ戻る