ジャスミン・ホワイトプリンセスをベランダで育てるための剪定と置き方


出典:GardenShop LaCotto/ジャスミン・ホワイトプリンセス

ジャスミン・ホワイトプリンセス

ガーデニングショップに勤務していた時のこと。
お店のドア付近に、ホワイトプリンセスをメインに寄せ植えした大鉢を置いていました。
手で抱えられないくらいの大きな鉢。

壁側にホワイトプリンセスを配置し、手前は季節の1年草を植え替えていたんです。
ホワイトプリンセスだけはずっとそのまま。
時々切り戻しているだけで、夏も冬もそのままです。

管理が大変なイメージがあったんです。
でも、案外そうでもない。これならベランダでも育てられる!と思ったんです。

すぐにコンパクトに仕立てるコツや剪定などをご覧になりたい方はこちらへどうぞ。
(ページ内ジャンプします)

鉢植えでも育てやすい

園芸ショップの入り口に、なぜホワイトプリンセスを植えたのか分かってきましたよ。
香りと姿が素敵なんですがそれだけじゃない。
鉢でも育てやすい特徴がありました。

主な特徴

・半常緑。温かい地域では葉をつけたまま育つ。
・-5℃位まで耐寒性がある。花付きは悪くなるが半日陰でも育つ
・暑さと蒸れに強い
・「ジャスミン」と名の付く植物の中では最も開花時期の長い
・温度があれば季節を問わず開花する
・つる性だが、自力で巻き付かないから自由に誘引できる
・病害虫にはとても強い

ね?なるほどって感じでしょ。
半常緑・耐寒性あり・蒸れに強い・四季咲き・病害虫強し。
ベランダガーデニング向きの要素がいっぱい。

個人的に1番良いと思ったのは、自力でツルを巻きつけられないってところ。
クルクル巻き付いちゃうとほぐすのが大変。
剪定する時も楽ですからね。

気品あふれる姿と香り

いちばんの魅力はあの香りと姿ですかね~。

香りをご存知ない方は、え!トイレの芳香?と思うかもしれません。
それはかなり残念な記憶ですよ。
天と地ほどの違いがあります。
例えるならクチナシやストック、スイトピーのような甘い香りです。

姿は大人の女性のような落ち着いた雰囲気。
まさに「ホワイトプリンセス」って名前がぴったりだなと思います。

ハゴロモジャスミンと比較するとこんな感じ。

<ハゴロモジャスミン>

<ホワイトプリンセス>

ハゴロモジャスミンよりお花は大きめ。
この画像だと分かりづらいですかねー・・・

枝の先端に蕾がわんさかと密集して付かないんです。
ただ、その分長く咲いてくれます。葉の形も違いますね~

コンパクトに仕立てるには

春に枝から芽が出たら、低いところで仕立て直すのがコツ。
夏から秋は花が終わったら脇芽の上で切り戻しです。

ちょっと話がそれますが。
上の画像のハサミおすすめ。鋏部分はフッ素加工されていて錆びにくい。
手にフィットするデザインで軽い。
切れ味最高。
花屋に勤めている時、色々な枝をガンガン切っていました。
【グッドデザイン賞受賞】花はさみ モスグリーン

産直花だん屋さんのジャスミン・ホワイトプリンセスで分かりやすい管理レポートがありました。
画像をお借りしてご紹介します。

仕立て直し方

<3月に新芽が出たところ>

jasmin-1

付け根に赤くて小さな芽が出てますね~。
新芽の上で剪定です。他の枝も新芽を確認して同じように剪定。

jasmin-2

<5月には新しい芽が伸び始める>

jasmin-3

<6月頃から開花スタート>

jasmin-4

他にも、水やりの加減や肥料のタイミングなども紹介されています。
ご覧になりたい方は産直花だん屋さんのジャスミン・ホワイトプリンセスへどうぞ。

花を楽しむための剪定

6月位からどんどん花が咲きます。
枝の先に花がつくのが特徴。
なので、そのまま放置すると花が少なくなってしまいます。
咲き終わったら脇芽の出ている節の上でカット。

脇芽をチェックして切るのがポイント。
そうすると脇芽が伸びてまたその先に花を咲かせます。

剪定していると、全然花が付かない勢いのある枝も出てきます。
そういう枝は思い切って1,2節残してバッサリ切ります。
お花を咲かせるエネルギーを集中させたいですからね。

ベランダでツルものを育てるアイテム

お店では他の樹木の剪定で出た丈夫な枝を数本挿し、壁側に立て掛けていました。
大鉢だったから枝を挿せましたが、ベランダの鉢では厳しい。

鉢にトレリスを挿すと風で倒れたりしますしね。
じゃぁトレリスをどこかに固定!と思っても場所が限られる。
グリーンカーテンじゃないんだからネットをはるのは・・・ちょっと違う。

ベランダでツルものを育てる場合はこういうのが楽ですよ。
コンクリートの床でも自立するタイプ。

<トカイッコ>


トカイッコ(カラマリーナ自立スタンド)

<デザイントレリス>


デザイントレリス1800とスタンドのセット

↑このデザイントレリスシリーズは色んなタイプがあります。
ダブル、スリムなど。

鉢を置くだけ。
邪魔にならず倒れないトレリスです。
園芸用品で有名なタカショーから出てるものなんですよ。

このトレリスの良いところは鉢の形を選ばないこと。
四角い鉢でも丸い鉢でもOK。

鉢サイズも限定されないところが使いやすい。
鉢に挿すタイプはある程度決まってきますからね~。

デザイントレリスはこちらで詳細をご覧になれます。

まとめ

花期が長くて香りの強い種類のジャスミンです。

花を楽しみながらコンパクトにするコツは・・・
花が終わったら脇芽の上でカット。
春に枝の付け根の新芽を確認したら短く仕立て直しでコンパクトになります。
花期が長いので肥料も忘れずに。

半常緑・耐寒性あり・蒸れに強い・四季咲き・病害虫強し。
自分でクルクル巻き付かないので、剪定や仕立てやすさも嬉しいところ。
ベランダガーデニング向きの要素がいっぱいです。

ただ、寒冷地でベランダで育てるとき-5度以下になりそうな時は室内に取り込むと安心。
そこまで低くならないなら霜や雪に当たらないよう軒下へ。
マルチングや防寒などで工夫すると良いと思いますよ。


ジャスミン・ホワイトプリンセスはこちらからご覧になれます。

素敵な香りで癒しの一鉢になりますように。

読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

facebook
この記事をお届けした
Grimo[ぐりも]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る