黒いカップ咲き葉牡丹「ブラックルシアン」の寄せ植えアイディア

tef-1出典:http://shop.teftef.biz/

バラのような葉牡丹「ブラックルシアン」

葉牡丹といえば正月の寄せ植えの定番ですよね。
でも、それだけじゃもったいない。

まるでバラの気高さを持つ葉牡丹もあるんですよ。

<ベルサイユシリーズ・ブラックルシアン>
kaze-1
出典:http://kazesanpo.com/


よく見ると、個体差があって中心の葉色が微妙に違いますよね。
寒くなってくると中心が段々赤くなってきます。
そこが美しい特徴のひとつなんです。


質感はよく出回っている葉牡丹とほぼ同じ。
少しだけ固めかもしれません。
マットな感じです。

なので、光の当たり方によって写真にすると白っぽく見えます。
耐寒性があるので屋外の寄せ植えにぴったり
日当たりが良い方が綺麗になります。

こんな素敵な葉牡丹をどうやって生かそう~
考えるとワクワクします。


今回は植え方を探ってみました。

可愛らしい寄せ植えの引き締めに

葉牡丹といえば、一緒に寄せ植えするのは「パンジー」「ビオラ」ですよね。
花期が長いので選ばれている理由のひとつ。

黒っぽいビオラと合わせてもシックで良いんですけど、あえて明るく。
パステル調とも相性が良いです。
その場合、細い葉も合わせるとまとまりやすいですよ。

bal-1
出典:http://balconystyle.jic-sayang.com/

oni-1
出典:http://www.onidukabiosystem.co.jp/



白っぽい鉢に寄せ植えしていますね。
↓こんな鉢も合うと思います。


白い小花「イベリス」と合わせて

葉牡丹の葉が大きいので、細かい花びらとも合いますね。
「イベリス」もバッチリ。

花期が長いです。
一緒に植えるとずっと咲いてくれて嬉しい組み合わせ。

yuk-1
出典:http://yukuhashishokubutsu.seesaa.net/

raku-1
出典:http://plaza.rakuten.co.jp/


実モノを添えて縁起良く

リースにしても存在感ありますね~。
ボリュームが出て素敵。

赤い実モノや南天などを一緒にしても綺麗。
南天も寒さが増すほどに赤が美しくなります。

tef-3出典:http://shop.teftef.biz/


黒を生かして盆栽風

あえて黒いお花でまとめて盆栽風に。
こういう落ち着いた雰囲気って大好きです。

右側にある細い葉は「コクリュウ」ですが、横に植えてますね。
横に入れると動きが出ますよね~。

niji-1
出典:http://nijinohanabana.seesaa.net/


株元に1つ、斜めに植える

あれこれ素敵なのは分かるけど・・・。
実際自分で使うとなると困ってしまう。

そんな場合は1つだけ株元に斜めに植える。
足元が引き締まってるとその鉢全体がまとまりますから。


植え込む時のちょっとしたコツです。
エッジ側に植える時は少し斜めにすると自然な雰囲気になりますよ。
ゆるやかに上に成長して優しいカーブになります。
ここでも「コクリュウ」と寄せ植えしていますね。

nago-1
出典:http://gardens-nagoya.com/

育て方

基本的に乾燥気味に日当たり良く。霜に注意です。
肥料をあげすぎない事が美しさを保つコツです。

ペットエコさんの葉ボタンブラックルシアン苗のページから育て方をお借りしました。

【育て方】
アブラナ科の多年草
花時期は4~5月
草丈  ~50cm
耐寒温度約-10℃(環境・生育状況により変わります)

■育てる場所
日当たりと風通しの良いところで育てて下さい。

■水やり
鉢植えの場合、土の表面が1cmほどしっかりと乾いたら、鉢底から流れ出るくらいにたっぷりと与えましょう。やや乾燥気味を好みます。鉢皿を敷いている場合、たまった水はその都度捨ててください。水をためっぱなしにしていると根っこが腐る原因となります。
庭植えの場合、晴れの日が続く場合や葉に元気がなくなってきたら与えてください。
乾燥を防ぐためにバークチップやヤシガラ炭などを土の上に敷いておくとよいでしょう。コガネムシ予防にもなります。
夏は午前中の涼しい時間に、冬も凍る心配のない午前中に水を与えましょう。夏の日中に水切れを起こした場合は、すぐに涼しい日陰に移して水やりを行ってください。

■肥料
肥料は植えつけ時に(フローラマックBなど)を与えるとよいでしょう。

■お手入れ
気温が高くなると葉色があせます。肥料の与えすぎも葉色があせる原因となりますので10月以降は肥料を与えずに育てるとよいでしょう。

■植え替え・株分け
鉢植えの場合、植え替えは春か秋にどうぞ。根を傷めない程度に古い土を軽く落とし、一回り(3cm)大きい鉢に新しい土を足して植え替えます。
夏になると姿が乱れるのでその前の植え替えをおすすめしますが、本来の性質は多年草です。

引用:ペットエコ/葉ボタンブラックルシアンの育て方

最後に

engei-1
出典:園芸ネットプラス/ブラックルシアンとハツユキカズラ


長い間綺麗な葉を見せてくれる葉牡丹ブラックルシアンのご紹介でした。

寒い時期は明るい色を求めがちですよね。
でもこういうシックな色を1つ取り入れると深みが出ると思います。
ご自宅にパステル調の花苗があったら合わせてみるのも良いですね。


今回ご紹介しなかったんですが、黄色系も合います。
ブラックルシアン紫色に近い黒なので黄色は補色なんです。
↓こういう、ちょっとシックなビオラが可愛いかも!

ビオラ ミステリアスシリーズ ’ラブグリーン’


葉牡丹は冬から出回りますが、このブラックルシアンは出回る数が少なめです。
園芸店に行っても扱っていないお店もあります。

見つけたらラッキーです(^-^)


↓在庫などの詳細はこちらでご覧になれます。
葉ボタンブラックルシアンの取扱店



いいなぁと思った苗が元気に育つと良いですね。
読んでくださってありがとうございました。

http://grimo-with.com/viola-labradorica/

駄温鉢・テラコッタ・モスポット、撥水処理をした苔が付かない素焼き鉢について。土と鉢の相性を良くする工夫もご紹介しています。
クルミの殻は天然のマルチング材。鉢に置いて泥はねや乾燥防止としても使えます。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

facebook
この記事をお届けした
Grimo[ぐりも]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る