車椅子で家庭菜園!ホームベジトラグは人と植物に優しい木製プランター

Photo by 青山ガーデン|タカショーホームベジトラグ

ベランダやテラスで菜園が楽しめる!木製プランター「ホームベジトラグ」

今回は、ガーデニングの最先端イギリス生まれの木製プランター「ホームベジトラグ」のご紹介です。

お庭や畑のない場所で家庭菜園を楽しめるプランターです。タイルやコンクリートなど、土の無い場所にプランターを置いて育てられます。四角いプランターを床の近くに置いて育てる方法と比べると、人や植物に優しい設計になっていますよ。

▼周囲にとけこむシンプルデザイン


Photo by 青山ガーデン|ホームベジトラグ・コンパクトスリム

深さが必要な野菜も育てられるV字形状

四角いプランターを高くしたのではなく、V字形状になっています。そのため、深い部分と浅い部分で根張りが違う植物を同時に育てることが出来ます

この形状にすることで、深さの必要な根菜(ダイコンやニンジン)と葉もの野菜(水菜やレタス)を一緒に栽培することが出来ます。限られたスペースを有効に使えるプランターですね。

もちろん、野菜以外をメインにしても良いのですよ。

▼イチゴとカラーリーフ類。立ったまま収穫できる。


photo by 青山ガーデン|タカショーホームベジトラグS 

ベジトラグシリーズの種類

3種類の素材、3種類の幅、2種類の奥行があります。その中から「V字シリーズ」の一部をご紹介します。

 ◆ベジトラグシリーズより

  • 通常タイプ(V字)
  • コンパクトタイプ(片側V字シェイプ)

V字深さたっぷり!「通常タイプ 」


Photo by 青山ガーデン|タカショーホームベジトラグミニ

奥行76センチ。真ん中が一番深く土が入ります。幅が違うタイプが3種類ありますよ。

片側シェイプでスペース有効活用!「コンパクトスリム」


Photo by 青山ガーデン|ホームベジトラグ・コンパクトスリム

奥行46センチ。通常タイプの約半分の奥行です。ベランダの壁にピタッと置けるオススメサイズ。幅が違うタイプが3種類あります。一番奥に、大根のような深さが必要な野菜を育てることが出来ます。

ここに注意

木製なので以下のお手入れが必要です。不安がある場合は、通常タイプ(V字)から「防虫・防腐」処理をほどこした「天然木ACQ加工」というタイプを選ぶと良いですよ。

ACQ加工してあるタイプは商品名に「ホーム」と付いておらず「ベジトラグ」となっています。ただし「ベジトラグ」は布製のシリーズもありますから、素材をチェックしてみてくださいね。布製は折り畳みが出来ます。

  • 安全のため、定期的(2~3カ月を目安)にガタツキやボルト、ナット、ネジにゆるみがないか確認。
  • 表面加工をほどこしてありますが、半年に1回程度に市販の木材保護塗料等を上塗り推奨。

関連記事

腰が楽!折りたたみ式プランター「ベジトラグ」は不織布仕様で床が汚れない

V字形状で高さがあるから、腰や膝に負担がかからない


photo by 青山ガーデン|タカショーホームベジトラグL

地面の畑では、作業のたびに座ったり立ったりを繰り返すので、身体への負担がかかりますね。
ベジトラグのプランターは地上から高いので、立ったままでもイスに座った姿勢でも腕を伸ばせば土に触れることができます。まさに「バリアフリーガーデン」です。

車椅子に座った足がスッと入る


photo by 青山ガーデン|タカショーホームベジトラグL

ベジトラグなら、車いすに座ったままでプランターの下に足がスッと入るので、体が土に近くなり作業が簡単に行えます。

園芸療法にも使われています


photo by 青山ガーデン|タカショーホームベジトラグL

車椅子に乗ったまま土に触れることが出来るので、リハビリや介護施設でも注目を集めています。

◆見た目もOK!!

園芸療法士の資格取得時にこういったものがあることを知り、以前から欲しいなァと思っていました。小さいものはコンパクトですがまとまりがあって使いやすいですよ。我が家は葉っぱ類の野菜を植えてみました。ぜひお試しください。

◆園芸療法に使います!

これまで欲しくてもどこに売っているのかな?と思っていました。大きいものを二つ購入所ましたので春になったらいろいろな物を栽培したいと思います。
今後はプレゼントにも購入したいと思っています。

引用:ホームベジトラグ|みんなのクチコミ

子供が立ったままで土に触れられる


Photo by 青山ガーデン|ホームベジトラグ・コンパクトスリム

車椅子以外にも、お子さん目線にも優しい高さです。大人も子供も一緒に立ったままお手入れが可能。人の視界に入る高さなので、植物の成長を身近に感じることができますよ。

メリットいっぱい!植物と人に優しい新デザイン


photo by 青山ガーデン|タカショーホームベジトラグL

この形状の良さは、実は植物の成長にとってメリットいっぱい。野菜は収穫数アップ、花は開花数アップが期待できます。

そして専用ライナー(通気性の良い専用の布袋のようなもの)を使うことで、この木製プランターを長く使えるだけでなく、床が汚れないメリットもあります。

植物に合った環境で育てられる

  • 底板が傾斜したすのこ状で、排水性に優れている
  • 専用ライナー(不織布)は通気性・排水性がよく、鉢底石が不要。
  • 床の輻射熱の影響を受けにくく、土が温まらない
  • 地面から離れているので、湿気がこもりにくく害虫もよりつきにくい
  • 苗の株元が高いので日に当たりやすい

鉢底石不要!床を汚さない専用ライナー(不織布)


photo by 青山ガーデン|タカショーホームベジトラグL

上画像にある黒い布袋のようなものは、専用ライナー(不織布)です。細かい目になっていて土が床にこぼれないよう保護してくれます。交換可能ですよ。

鉢底石を入れずに、そのままザザーっと土を入れて育てることが出来ます。

足腰の負担をかけずに土に触れる喜び

土に触れたくても、足腰が思うように動かない・・・という方もいらっしゃると思います。でも、高さがあるV字プランターならば、立ったまま、座ったままで植物を育てられます。

高さがあることで、夏の照り返し予防、害虫予防、日当たりや風通しも良い環境になります。

さらに、木製のプランターに直接土を入れるのではなく、専用の不織布を使うので長持ちします。通気性が良いので鉢底石もいりませんよ。

手軽に土いじりの喜びを味わってみませんか。

木製ではなく、軽量化重視でコンパクトに折りたたみたい方は以下の記事へどうぞ。同じシリーズの布製です。こちらも高さがあります。

関連記事

腰が楽!折りたたみ式プランター「ベジトラグ」は不織布仕様で床が汚れない

Sponsored Link

この記事をシェアする

おすすめ記事

Sponsored Link
トップへ戻る