虹色の葉が美しいレインボーファン(コンテリクラマゴケ)


サニーポップ|レインボーファン

森などに自生している美しいシダ「レインボーファン(コンテリクラマゴケ)」をご存知でしょうか。園芸ショップでも時々販売されていますが流通時期が限られています。

レインボーファン(コンテリクラマゴケ)

レインボーファン
ハッピーガーデン|コンテリクラマゴケ(レインボーファン)

上画像のように、光や湿度の加減で様々な色に見えることから「虹色」の言葉を持つとも言われています。虹色というよりもタマムシ色、角度によっては紫色にも見えます。この不思議な色合いに魅せられる方も多いです。

中国から持ち込まれ、別名「紺照鞍馬苔(コンテリクラマゴケ)」とも呼ばれていますよ。レインボーファンで通じない場合、この名前で探すと思いがけずに出会う事があります。鞍馬天狗の鞍馬と漢字が同じですね。

「苔」と名前が付いていますがイワヒバ科のシダ植物です。

クラマゴケの中でも優しい雰囲気を持つシダ

クラマゴケ(鞍馬苔)は何種類かありますが、比較的オニクラマゴケと形が似ていますよ。オニクラマゴケは葉色が濃くて茎も固い感じなので区別がつきますよ。コンテリクラマゴケのように角度によって色を変えません。

▼オニクラマゴケ

出展:Wikipedia

レインボーファン(コンテリクラマゴケ)は木々が沢山あるところで野生化しているのをみかけますよ。弱そうに見えますが繁殖力旺盛です。

湿度や光で変化する癒しの色

レインボーファンの葉色は、エメラルドグリーンやコバルトなど、青みがかった緑色で呼ばれます。森林に陽射しが差し込んだ風景によく似ていますね。

kuramayama

強い光の下では葉の青みが無くなり緑色に。湿気の多い日陰では青みがかった緑色になります。カラー心理でも、副交感神経を刺激して身心を落ち着かせると言われていますよ。まさに自然の癒し色ですね。

生育環境を生かして育てる

常緑で1年中葉があります。場合によっては野外でも育てられますが、直射日光は苦手。とにかく乾燥に弱いので室内管理が無難でしょう。テラリウムや単独育成がおすすめです。

テラリウム

アロマキャンドルの器を利用して。

terrarium_pot

出典:http://www.we-are-scout.com/

関連記事

パインウッドとガラスの組み合わせが優しいテラリウムポット

可愛い小物や美しい苔と共に。

terrarium_cow

出典:http://assets.inhabitat.com/

単独で育てる

観葉植物との寄せ植えならば比較的育てやすいです。ただ個人的には、他の植物と寄せ植えせずに単独で育てる方が安心。乾燥に弱いので他の花苗との水分バランスが合わない事が多いためです。

単独ならば気兼ねなくミストしたり、風通しの良い場所へ移動させたり出来ます。レインボーファンの美しさを、単独で存分に味わうのも良いと思いますよ。


サニーポップ|レインボーファン

レインボーファンの育て方

いちばんの不安点は水分の与え方でしょうか。湿気が好きな植物で、葉から水分を吸収できるので葉水をかけると良いですよ。葉には生育環境にちかいミストをあげると喜びます。

常にじめじめしていると根腐れします。水やりはメリハリをつけましょう。土の表面が乾いたらたっぷり。そして状況を見ながら葉水をあげましょう。

乾燥して茶色い葉になってしまったら

乾燥に気をつけていても、夏場などは特に長時間手入れが出来ない事がありますよね。クーラーの風にうっかり当ててしまうのも原因のひとつ。そんな時、葉を茶色にしてしまいがちですよね。

パリパリに乾いた茶色の葉は復活しませんから、枯れた枝は思い切って剪定しましょう!まだ根が生きている事も多いです。そんなときは諦めずに根元をチェックしてみてください。緑色の葉があれば希望が持てますよ。

茎の長さは1m位まで成長するので、長い場合はカットして挿し木すると増やせます。春か秋に挑戦してみてくださいね。

日の当たらない室内に効果的な液体肥料もおすすめです

日当たり、水やりもちゃんとしているのに元気がない・・・。そんなときは液体肥料もお試しください。ペンタガーデンは園芸ショップに勤務していたときにショップ奥の観葉植物に与えていましたよ。日陰の植物を元気にするタイプです。

関連記事

液体肥料は使い分けで効果発揮!日陰の植物や寄せ植えにおすすめ。

まとめ

エメラルドグリーン色の葉が変化する魅力的なシダ植物「レインボーファン(コンテリクラマゴケ)」のご紹介でした。育てるポイントとしては「乾燥させない、直射日光に当てない」ことです。

あまり流通しないので、見かけたらぜひ手に取って葉をご覧ください。

園芸ショップは乾燥している事が多いので葉色が想像と違うことがあります。ご自宅で育てる事になったら、水分と陽の光の角度を楽しんでみてくださいね。癒しの一鉢に出会えますように。


▶レインボーファン(コンテリクラマゴケ)

Sponsored Link

この記事をシェアする

おすすめ記事

Sponsored Link
トップへ戻る