涼を呼ぶ!美しいユーフォルビア初雪草

ハツユキソウの花
夏になると、ユーフォルビア・ハツユキソウが咲き始めます。白と緑色のコントラストが涼やかですね。

ユーフォルビア・ハツユキソウ(初雪草)

Euphorbia_view
学名:Euphorbia marginata
別名:ユーフォルビア・マルギナタ

夏になると、ユーフォルビア・ハツユキソウが咲き始めます。白と緑色のコントラストが涼やかですね。

中でも「ヒョウガ」という名前の初雪草がよく出回ります。その名前の通り、沢山植えて見頃を迎えた花壇は雪が積もったような美しさ。草丈1m位まで伸びる1年草です。白と緑の美しいコントラストの部分は葉。花はあまり目立たず先端に咲きます。

ユーフォルビアは種類が豊富

同じユーフォルビアの仲間は沢山あって、関東では軒下でもOKなもの、寒さで美しく紅葉するものもあります。中でも1番有名なのはクリスマスに出回るポインセチアでしょうか。葉の付き方やお花が似てますね。

結婚式のサムシングブルー(サムシングフォーの1つ。ブルーを身に付けると幸せになれると言われている)として使われるブルースターも同じ仲間ですよ。ハツユキソウと同じように茎をカットすると白い液が出ます。

ユーフォルビアの中でお気に入りはソテツキリン。パイナップルみたいで面白いんですよ!多肉植物と寄せ植えしたり、小さなフィギュアを置くと楽しいです。

関連記事

ユーフォルビア・パイナップルコーン(ソテツキリン)で南国風な多肉寄せ植え

花壇に

こぼれ種で増やすことが出来ますよ。少し背丈があるのでこんな風に沢山後ろに植えたり、ポイントに1株だけ手前に植えたり。「白」はどんな色にも合わせやすいので夏の花壇に最適ですね。

育て方

日が当たる場所で育てます。あまり当たらないとヒョロヒョロと伸びて花付きが悪いです。
水は、表面の土が乾いたらたっぷり。

切り口に注意

茎を切ると白い液が出ます。
かぶれる場合があるので、切り花で楽しむ場合はお水につけて洗いましょう。

植える時は根に注意

ユーフォルビアは直根性の根です。大根のように1本の根で育つので切れてしまうと育ちません。ポット苗から外すときは丁寧に根をいじらないよう。そして植える場所を決めたら動かさないようにしましょう。

摘芯(ピンチ)

5月から7月に2回くらい摘芯をします。
放っておくと茎の生長に養分を使ってしまい、花はその先端にしかつかなくなります。

まとめ

汗ばむ季節に涼を呼ぶ「初雪草」。葉が薄くて柔らかく背丈があり、風に揺れる姿は涼し気です。緑色が淡くて優しい色合いですね。

初雪草は1年草で冬は枯れます。増やすには種から育てることになります。種を植えるのは5月頃気温が上がってからですよ。見かけたらぜひチェックしてみてくださいね。

▶ユーフォルビア・ハツユキソウ

スポンサーリンク

この記事をシェアする

おすすめ記事

トップへ戻る