環境に合った素焼き鉢の選び方とアイディア

pot-2

素焼き鉢の保水性と通気性

色々な素焼き鉢が出回るようになりましたね。

海外では大きなテラコッタが広いお庭に置いてあって。
景色とよく馴染んで素敵です~。

ご自宅ではどうですか。
苔がすぐ付いたり・・・逆にすぐ土が乾いたりしませんか。


そこで植物にも人にも適した鉢を探ってみました。

鉢は色んな素材がありますが、ここでは素焼き鉢について考えます。

駄温鉢・テラコッタ・モスポットの違い

素焼き鉢は大きく分けて2種類。
「駄温鉢」と「テラコッタ(朱温鉢・しゅおんばち)」があるんですよね。
今回は人気の「モスポット」も入れてお話ししたいと思います。

以下3種類に限って言うならば「駄温鉢」が1番保水性が高くなっています。

高温で焼かれていて粒子が細かいんです。
この中では一番丈夫。
「駄温鉢」は日本で昔から使われている鉢ですね。

保水性

高 ←ーーーーーーーー 中 ーーーーーーー→ 低

「駄温鉢」   >

「テラコッタ」   >
「モスポット」

逆に、通気性で考えると「モスポット」が優れていると言えます。
多肉植物など湿度が苦手な植物に向いてます。

環境に合わせて工夫する

basil-pot

環境にあった鉢を選ぶのが良いんですが。
好きな鉢で育てたいですよね。

そこで気になるのが鉢と土の相性。
すぐ乾くか、いつまでも濡れているかの2つが考えられると思います。


すぐ土が乾く場合

鉢を保水性の高いタイプに変えてもいいですね。

変えないなら、土のブレンドを変えるかマルチングをするのも手です。
マルチングはクルミがおしゃれですよー。

市販の培養土を選ぶときの参考にもなるよう、土の特徴もご紹介しています。

http://grimo-with.com/kurumi-kara/


なかなか土が乾かない場合。

保水性が高すぎるケース。
べたーっと分厚い苔がついてしまうような。

そんな時は赤玉土を少し足したり、鉢底や表面に「ミリオン」を敷くと軽減されますよ。

<ミリオン>

粗めの珪酸塩白土(けいさんえんはくど)。
水質を浄化し、根腐れを防止、肥料のやりすぎを調整します。

ポットフットを敷くのも効果的。
↓こちらは鉢を選ばず、場所を取らないのでベランダで活躍します。



鉢の問題じゃない場合もあります。
根詰まりや土の古さも疑ってみてくださいね。

苔が付かない!撥水処理をした鉢

素焼き鉢は使い込むと風合い出てきますよね。
馴染むといい感じです~。
早く苔むした感じにする手法もあったりして。

でも、鉢についた苔が全て良いとは限らない!
通気性が悪ければ悪いほど、ヌルッとした分厚い苔が付きますよね。
ベターっとした苔。

個人的にはそういう鉢を扱うには大変だと思うんですよ。。。

control

↑こんなイメージ。


時間が経つとタワシでこすっても落ちないし。
そもそも、ベランダで洗うって大変。

もう苔はご免!って方は撥水処理を施した鉢があります。
長い間使っていてもほぼ苔が付かないんですよ。

撥水処理をした素焼き鉢はこちら

まとめ

pot-1

鉢は長く使いますから気になりますよね。
今は色々な素材があるので迷ってしまいます。

通気性や保水性を重視するなら、素焼き鉢がおすすめ
というのは・・・
夏の暑い日でも温度を逃がしてくれるし、空気も通してくれる。


こちらでそれぞれの在庫やデザインの確認ができます。
良かったらご覧になってくださいね。

駄温鉢はこちら

テラコッタはこちら

モスポットはこちら

撥水処理をした素焼き鉢はこちら

お気に入りの鉢が見つかりますように。
読んでくださってありがとうございました。


http://grimo-with.com/dump-soil/

テラコッタよりも軽く、プラ鉢よりも通気性が良いグラスファイバーポット。縁起が良いブタは贈り物にも喜ばれますよ。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

facebook
この記事をお届けした
Grimo[ぐりも]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る