環境に合った素焼き鉢の選び方とアイディア

pot-2

素焼き鉢の保水性と通気性

色々な素焼き鉢が出回るようになりましたね。海外では大きなテラコッタが広いお庭に置いてあり、景色とよく馴染んで素敵です。ご自宅ではどうでしょうか。苔がすぐ付いたり、土が乾いたりしませんか。

そこで植物にも人にも適した鉢を探りました。今回は素焼き鉢について考えます。

駄温鉢・テラコッタ・モスポットの違い

素焼き鉢は大きく分けて「駄温鉢」と「テラコッタ(朱温鉢・しゅおんばち)」があります。今今回は人気の「モスポット」も入れてご紹介。

保水性

高 ←ーーーーーーーー 中 ーーーーーーー→ 低

「駄温鉢」   >
「テラコッタ」   >
「モスポット」

3種類の中では「駄温鉢」が1番保水性が高くなっています。高温で焼かれていて粒子が細かいためとても丈夫。「駄温鉢」は日本で昔から使われている鉢ですね。

逆に、通気性で考えると「モスポット」が優れていると言えます。多肉植物など湿度が苦手な植物に向いてます。

環境に合わせて工夫する

basil-pot

環境にあった鉢を選ぶのが良いですが、やはり好きな鉢で育てたいですよね。そこで注目したいのは鉢と土の相性。土の保水力がどうなのか気になります。

すぐ土が乾く場合

鉢を保水性の高いタイプに変えてもいいですね。土のブレンドを変えるかマルチングをするのも手です。マルチングはクルミがおしゃれですよ。

https://grimo-with.com/three-soil/

https://grimo-with.com/kurumi-kara/

なかなか土が乾かない場合。

保水性が高すぎるケース。べたーっと分厚い苔がついてしまうような。そんな時は赤玉土を少し足したり、鉢底や表面に「ミリオン」を敷くと軽減されますよ。

<ミリオン>

粗めの珪酸塩白土(けいさんえんはくど)。
水質を浄化し、根腐れを防止、肥料のやりすぎを調整します。

ポットフットを敷いて、通気性を良くするのも効果的です。

植物が元気に育たないのは水分バランスだけではなく、日当たりや温度、根詰まりや土の古さなども考えられます。いろいろ探ってみてくださいね。

苔が付かない!撥水処理をした鉢

素焼き鉢は使い込むと風合い出てきますよね。馴染むといい感じなので、早く苔むした感じにする手法もあります。

でも、鉢についた苔が全て良いとは限らない!通気性が悪ければ悪いほど、ヌルッとした分厚い苔が付きますよね。ベターっとした苔です。個人的にはそういう鉢を扱うには大変だと思うんですよ。

↓イメージ

control

時間が経つとタワシでこすってもなかなか落ちません。ベランダで洗うのも大変です。もう苔はご免!という方は撥水処理を施した鉢がありますよ。長い間使っていてもほとんど苔が付きません。

撥水処理をした素焼き鉢はこちら

まとめ

pot-1

鉢は長く使いますから気になりますよね。今は色々な素材があるので迷ってしまいます。

通気性や保水性を重視するなら、素焼き鉢がおすすめです。夏の暑い日でも温度を逃がし、空気も通してくれますよ。環境や植物に合わせてお気に入りが見つかるといいですね。

駄温鉢いろいろ

テラコッタいろいろ

モスポットいろいろ

撥水処理をした素焼き鉢

https://grimo-with.com/dump-soil/

https://grimo-with.com/fiberglass-pot/

スポンサーリンク

この記事をシェアする

おすすめ記事

トップへ戻る