江戸時代の粋な風流「変化朝顔」をベランダで咲かせる

1つ1つ表情が違うお花の姿を楽しめる「変化朝顔」という植物があります。先日、ホンマ農園さんの変化朝顔「江戸風情」苗を友人から頂いてベランダで育てていました。この夏から色々なお花を咲かせています。

ホンマ農園通販の変化朝顔「江戸風情」

ホンマ農園の変化朝顔「江戸風情」

「変化朝顔」とは、江戸時代に大流行した突然変異の植物です。どんなお花が咲くのか分からないところが楽しいところ。山形県から神奈川県まで旅をして我が家にやって来ましたよ。

ホンマ農園さんの苗や種は販売期間が限定されています。詳しく御覧になりたい方はこちらへどうぞ。秋はタネの販売もされていますよ。販売開始・終了前に通知を受け取ることも可能。育て方も分かりやすくて親切でした。

ホンマ農園の変化朝顔「江戸風情」

ルコウソウから変化した朝顔

ホンマ農園さんの変化朝顔は、最初は赤い色のルコウソウだったそうです。お花好きな奥様が亡くなった一周忌で、突然変異してアサガオになっていたという苗。

▼その時の貴重な画像がこちら。

出展:ホンマ農園

小さな赤い色がルコウソウ。突然変異でこんなに美しい朝顔になるとは驚きます。旦那様は奥様からの贈り物と受け止めて、多くの人に幸せを届けたいという願いで生産されていますよ。

届いた苗に添えらえた育て方のパンフレットがとても丁寧でした。文面からお人柄がうかがえます。とても穏やかな気持ちになりますよ。

我が家の変化朝顔

我が家のベランダにて。変化朝顔の様子はこちらです。

青い色の出方がそれそれ違って楽しい。青い色が入っていない、真っ白な状態で咲いたお花もありました。

雨に濡れて花びらが切れてしまいましたが・・・このような濃い色が出ることもあります。惚れ惚れする美しい青色ですよね。

このように1つの苗から、さまざまな絞り模様の花を咲かせます。青紫の単色、白の単色の花など。お昼近くになると青紫の色が赤紫に変化することもあります。

我が家では10月末頃からタネが採れましたよ。来年はタネから育てる楽しみが増えました。

変化朝顔のタネ

関連記事

一年草の育て方は?春と秋のタネまき方法・保存・植え方のコツ

現代も人気の変化朝顔

ホンマ農園さんの変化朝顔「江戸風情」のご紹介でした。

変化朝顔は愛好家の方多いですね。東京でも毎年展示会がありますよ。種類によっては毎回タネが取れるわけでも無く、表情が違うため一期一会的な喜びもあります。書籍も沢山出ていますよ。

一度咲かせてしまうとハマってしまいそうです。早朝に咲くその姿は何とも上品!機会ありましたらぜひそうぞ。ベランダで粋な風情を味わえます。


ホンマ農園の変化朝顔「江戸風情」

関連記事

一年草の育て方は?春と秋のタネまき方法・保存・植え方のコツ

ナッツシーン麻ひもカッターは片手で切れる!持ち運んで枝の誘引を簡単に

水を含ませるだけ!種まき・挿し木がすぐ出来る手軽なポット

この記事をシェアする

おすすめ記事

トップへ戻る