コルジリネの寄せ植え。ふんわり優しいカラーリーフの組み合わせ3種類。

コルジリネ

コルジリネ・レッドスターのカラーリーフ寄せ植え

秋の長雨中、喫茶店横に大きな寄せ植え鉢を見つけました。カラーリーフの寄せ植え鉢です。コルジリネ・レッドスターが中央にあり、取り囲むように垂れ下がる植物が植えられていましたよ。お互いが引き立つ組み合わせでした。

今回は寄せ植え鉢に植えこまれていた3種類のカラーリーフについてご紹介です。

 今回ご紹介する植物 

(クリックでページジャンプします)

コルジリネの寄せ植え
(10月下旬 横浜市にて)

画像右側の鉢です。さりげなくメリハリのある植え込みです。コルジリネ・レッドスターの凛々しい赤い葉をメインに。株元はシッサス・エレンダニカとアスパラガス・ナナスがふんわり。鉢の土も見えにくくなっていますよね。出会った場所は関東で屋根付き。お店が立ち並び、比較的暖かな場所なので屋外でも可能なのでしょう。

これらは室内で育てられます。この中で個人的におすすめしたいのはシッサス・エレンダニカ。無機質なオフィスに置くと場が和みますよ。よく流通しているシュガーバインのお姉さんというイメージでしょうか。

コルジリネとニューサイランは葉の付き方で見分けられる

まずこの鉢のメイン、コルジリネですが・・・コルジリネとニューサイランが見分けがつかないことありませんか。葉の形はほとんど同じなので、遠くからでは判断がつきませんよね。私は庭にニューサイランを植えていますよ。

違いは株元で分かります。コルジリネは上画像のように放射線状ですが、ニューサイランは扇状。例えて言うのなら扇子を広げたようなイメージです。着物の襟もとのような葉の付き方。平べったい塊が寄せ集まっていますよ。

▼コルジリネ:株元は放射線状

▼ニューサイラン:株元は扇状

コルジリネとニューサイランの違い

ニューサイランは2~3mに大きく成長します。コンパクトな寄せ植え鉢で育てたい場合はコルジリネがおすすめ。

コルジリネは室内の観葉扱いと同じように育てた方が失敗が無いです。寒さに弱いので10度を下回るときはお部屋に取り込みましょう。霜や強い北風に当たらない環境ならば屋外でも冬越し可能ですが、葉が焼けて鑑賞用にはなりません。

種類や環境によって一概には言えませんが、簡単にまとめると以下になりますよ。

 コルジリネとニューサイランの特徴 

◆コルジリネ
株元は放射線扇状。寒さに弱い。霜や北風が当たらない10℃以上の屋外ならば育つが、観葉植物のように育てた方が美しい葉を堪能できる。コンパクトな鉢植え向き。

◆ニューサイラン
株元は扇状。比較的寒さに強い。大きくなるので庭植えでもOK。

一緒に植えられていた他の植物「シッサス・エレンダニカ」と「アスパラガス・ナナス」についても少し触れておきますね。どちらも優しい雰囲気で室内観葉としておすすめです。

関連記事

ニューサイランは鉢植えで育てられるの?寒さに強く品種豊富なカラーリーフ

柔らかくて深い切れ込みが美しい!シッサス・エレンダニカ

エレンダニカ
観葉植物の専門店e-RAN|シッサス・エレンダニカ

ブドウ科です。グレープアイビーとも呼ばれていますよ。ブドウは縁起物なのでお祝いに贈る方もいらっしゃいます。葉の切れ込みの深さや色合いはそれぞれ個体差があります。アイビーよりも華奢な感じで垂れ下がるので、ふんわりと優しい雰囲気になりますよ。

日陰に強く育てやすいです。冬場の窓辺は冷え込むことがあるので、10度以上の場所に移動させましょう。

細かい葉が繊細で魅力的なアスパラガス・ナナス

アスパラガスナナス
緑の風yamashoku|アスパラガス ナナス

アスパラガスにも色々な種類があります。街中でみかけるのは少しプリっとした葉のアスパラ・スプリンゲリーでしょうか。今回植えられていたのは細かくて繊細なので「ナナス」かと思います。

ナナスの育て方は少々繊細。日当たりが好きなので、日光不足になると細かい葉がパラパラと落ちてしまうし、成長が早いので植え替え(5月~6月ころ)をしないと根詰まりして弱ってしまいます。乾燥に耐えるので蒸れに気をつけながら育てましょう。

店舗の寄せ植え鉢をチェックしよう

街中で寄せ植え鉢に出会うと、とても勉強になります。特にお店横の美しい寄せ植えは丈夫で季節にあったもの、その土地にあったものをプロが選んで植えている事が多いです。

株元は何でマルチングしているのか、一緒に植えられている植物は同じ管理で出来るのか、色や葉の組み合わせなどを調べると新しい発見がありますよ。ご自宅でも応用できることがあるかもしれません。ぜひチェックなさってくださいね。

今回ご紹介した、コルジリネ・レッドスター、シッサス・エレンダニカ、アスパラガス・ナナスはどれも10℃以上で育つ植物(個体差あり)これらは室内の美しいカラーリーフとして育てても素敵です。お手持ちの植物とうまく組み合わせられたら良いですね。

この記事をシェアする

おすすめ記事

トップへ戻る