風水で人気の観葉植物!可愛いピンクのアンスリウムで恋愛運・結婚運アップ


ブルーミングスケープ アンスリウムピンク

アンスリウムは和洋どちらにも合う観葉植物

今回ちょっと珍しいピンク色のアンスリウムのご紹介です。

観葉植物は数が多いので、特に贈り物として選ぶときに迷いますよね。アンスリウムは風水で注目されている観葉植物の中でも、お花を年中楽しめるとあって人気。

優しくて光沢のあるハート形をしているので、女性への贈り物におすすめです。(以下、観葉植物通販サイトブルーミングスケープさんより)

切り花や鉢植えでお花を長く楽しむ

アンスリウムは世界で500種類以上あり色や姿は様々。和洋どちらにも合う魅力的な観葉植物です。日本でよく流通しているタイプは赤いお花(肉穂花序と仏炎包(ぶつえんほう))ですね。

▼よく流通するエキゾチックな赤色


お花に見えるハート部分は「仏炎包」といって葉が変形した姿です。光沢があり涼し気ですよね。実際は、中央の棒状部分が「肉穂花序」といってお花になります。

切り花で長く楽しむには切り戻し

アンスリウムのお花は切り花としても人気があり、アレンジメントでもよく利用されています。花瓶で楽しむ場合は、毎日切り口を斜めにカット=切り戻しをするとよく水を吸って長持ちしますよ。

カットするときは植物用の切れ味の良いハサミで。切れないハサミを使うと茎の組織を壊してしまいます。スパッと切りましょう。

切り戻し後、環境が良いと1ヵ月以上元気にしています。挿し木に出来そうに感じますが根は出ません。増やすには株分けをしましょう。

鉢植えで花が咲かないときは?


ブルーミングスケープ アンスリウムピンク

アンスリウムの魅力は、やはり花ですよね!ただ・・・買ってきた翌年は花が咲かない、元気がないということが多々あります(経験済み)。

コツは成長期に肥料をあげ、根詰まりや根腐れをさせないこと。成長が早いので2年に1度は大きめの鉢へ植え替えます。購入したときに既に根がパンパンな場合は植え替えをおすすめします。鉢を大きくしたくない場合は株分けして根を伸び伸びとさせてあげましょうね。

葉水も大事ですよ。

◆元気に育てるコツ◆

  • 10℃以上の明るい場所で
  • 乾いたらたっぷりメリハリのある水やり
  • 葉水でハダニ防止
  • 春から秋の成長期に肥料
  • 冬は肥料をあげない
  • 1~2年で植え替え又は株分け




株分けの方法

アンスリウムの詳しい育て方は以下へどうぞ。置き場所や温度が詳しく載っています。
アンスリューム(アンスリウム)の育て方

ピンク色アンスリウムの花言葉は「飾らない美しさ」


ブルーミングスケープ アンスリウムピンク

アンスリウムは色によって花言葉が違います。

◆色別の花言葉◆

  • 赤:情熱
  • 白:熱心
  • ピンク:飾らない美しさ

母の日や女性への贈り物ならばピンク色がぴったり。飾らない美しさが長持ち・・・だなんて、私が贈られたらとても嬉しい。花言葉を一言添えてあげると一層喜ばれるかもしれませんね。

アンスリウムの風水効果は?

アンスリウムの風水効果は恋愛運アップと言われています。先ほどご紹介したように、花言葉に合わせて好きな色を選ぶのも良いですね。

ブルーミングスケープ アンスリウムピンク

まとめ:アンスリウムはかわいいハート形のお花と葉っぱ


ブルーミングスケープ アンスリウムピンク

「飾らない美しさ」という花言葉を持つアンスリウム ピンクをご紹介しました。

環境さえあえば、鉢植えで年中お花を楽しめます。切り花でもお花が長持ちする嬉しい観葉植物。和洋合わせやすいため、どんなお部屋にも馴染みやすいのも良いところ。

優しい雰囲気なので、母の日や女性へのプレゼントに向いています。

難点をひとつあげるのならば・・・比較的成長が早いので2年に1度は植え替えが必要なこと。観葉植物を育てたことがある方向きです。

鉢を大きくしたくない場合は、株分けして幸せのお裾分けをするのも良いと思いますよ。根詰まりや根腐れさせないよう、伸び伸びと育てましょう。

お花が咲かない!という場合は、根の状態の他に春から秋の成長期に肥料をあげているかもチェックしてみてください。

アンスリューム(アンスリウム)の育て方

品質と新鮮さにこだわるブルーミングスケープ




今回は、ブルーミングスケープさんの母の日特集からご紹介しました。

こちらのショップの良い点は、市場のセリで安く仕入れたものを販売するのではなく、現物を1度見てから生産者さん指定で入荷されているところ。品質にこだわりがあり定評があります。観葉植物メインで、手のひらサイズから大型なタイプが色々そろっていますよ。

今回ご紹介したアンスリウム ピンクは人気があるので売り切れてしまったらごめんなさい。

この他にもお部屋のインテリアに最適な観葉植物もありますよ。ご興味のある方はぜひ訪れてみてくださいね。


ブルーミングスケープ

関連記事

風水で人気のヒメモンステラ。仕立て直して簡単に増やせます

丸い葉の石垣島センカクガジュマルを育てて運気アップ!?

Sponsored Link

この記事をシェアする

おすすめ記事

Sponsored Link
トップへ戻る